国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」

内山靖崇
CHを制した内山靖崇(写真は2023年)
画像提供: tennis365.net
男子テニスのVitro釜山・オープン(韓国/釜山、ハード、ATPチャレンジャー)は14日、シングルス決勝が行われ、世界ランク241位の内山靖崇が同201位のホン・ソンチャン(韓国)を7-6 (7-4), 6-3のストレートで破り、約4年6ヵ月ぶり6度目のチャレンジャー大会優勝を成し遂げた。試合後にSNSを更新した内山は「また頑張れる力と自信を得られたので更に上を目指して頑張ります」とつづった。

>>【動画】内山靖崇 4年半ぶりVの瞬間、最後はサービスエースを叩き込む<<

>>ルードvsチチパス、モンテカルロMS決勝 1ポイント速報<<

31歳の内山は今季開幕からチャレンジャー大会に出場。1月のHCI バーニー国際1(オーストラリア/バーニー、ハード、ATPチャレンジャー)、2月のHCI バーニー国際2(オーストラリア/バーニー、ハード、ATPチャレンジャー)と2週連続で4強入りするなど結果を残してきた。

今大会は1回戦で第3シードの島袋将、2回戦で世界ランク225位のD・スウィーニー(オーストラリア)、準々決勝で予選勝者で同424位のP・ジュブ(イギリス)、準決勝で第1シードのJ・ダックワース(オーストラリア)を下しチャレンジャー大会で約2年7ヵ月ぶりの決勝進出を果たした。

決勝戦の第1セット、内山は第7ゲームでブレークポイントを握るとラリー戦からバックボレーを決め先にブレークに成功。しかし、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでブレークバックを許し追いつかれると第12ゲームでは2本のセットポイントを握られる。

それでも内山はここを鋭いサービスで凌ぐと、そのまま突入したタイブレークでは序盤から安定したプレーで4ポイントを連取。このリードを守り先行する。

続く第2セット、内山はファーストサービス時に67パーセントの確率でポイントを獲得しホンのブレークを1度に抑えると、リターンゲームではこれを上回る2度のブレークに成功。2時間3分の熱戦を制し、2019年10月の2019国際メンズ・チャレンジャー(中国/寧波、ハード、ATPチャレンジャー)以来 約4年6ヵ月ぶり6度目のチャレンジャー大会優勝を飾った。

試合後にX(旧ツイッター)を更新した内山は「釜山オープン優勝しました。ATPチャレンジャー5年ぶりの優勝です。昨日までハードな試合が続いていてフィジカル的に厳しく、更に完全アウェイの戦いを覚悟しましたが、スラムダンク並の断固たる決意で戦い、勝ち切れました!」と投稿。

「ここ数年は怪我で体が思うように動かせないこともあり、引退が頭をよぎった事もありましたが、ここまでサポートして頂いたコーチ、トレーナー、スポンサー企業様を始めたくさんの方々のお陰です。中でも妻には大変苦労をかけていたので感謝しかありません。今日の優勝でまた頑張れる力と自信を得られたので更に上を目指して頑張ります!応援ありがとうございました」

一方、敗れたホンはチャレンジャー大会2勝目とはならなかった。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「錦織 圭 出場!男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝
・内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ
・内山靖崇、島袋将下し初戦突破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月14日19時03分)

その他のニュース

5月20日

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!