国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

2試合で7時間「ベストのプレーできてない」

ノヴァーク・ジョコビッチ
3回戦進出を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日に男子シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク43位のA・ポピリン(オーストラリア)を6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-3で破り、同大会マッチ30連勝を達成するとともに、2年連続16度目の3回戦進出を果たした。ジョコビッチは2試合で7時間を超える試合時間を戦っている。

>>マクラクラン/西岡 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、アルカラスら全豪オープン組合せ<<

36歳で世界ランク1位のジョコビッチが同大会に出場するのは2年連続19度目。昨年も含め全豪オープンでは過去10度の優勝を飾っており、2019年から同大会マッチ28連勝で今大会を迎えた。

同大会11度目の優勝と、四大大会通算25勝目を狙うジョコビッチは、1回戦で予選勝者で同187位のD・プリシュミッチ(クロアチア)を4時間1分の激闘の末に6-2, 6-7 (5-7), 6-3, 6-4で下し、連勝を29に伸ばして2回戦に駒を進めた。

2回戦は地元オーストラリアのビッグサーバー ポピリン。第1セット、ジョコビッチは第6ゲームまでに3度のブレークポイントを逃すも、第8ゲームでブレークに成功。直後の第9ゲームをキープし先行する。

第2セット、第4ゲームでジョコビッチはミスが重なりポピリンにこの日初めてのブレークポイントを与えると、これをものにされ先にブレークを許す。相手のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでブレークバックを果たしたジョコビッチだったが、第10ゲームで再びポピリンにセットポイントとなるブレークポイントを与えると、最後は前に詰めたところをポピリンにロブで頭上を抜かれてしまい、1セットオールに追いつかれる。

第3セット、両者キープを続け迎えた第10ゲームでジョコビッチはセットポイントとなるブレークポイントをポピリンに4度握られるもこれを全てしのぎ勝負をタイブレークに持ち込む。タイブレークではジョコビッチが2度のミニブレークに成功し、勝利まであと1セットとする。

第4セット、このセットも序盤は拮抗した展開となるが、第6ゲームでジョコビッチが先にブレークに成功。このリードを守り切ったジョコビッチが3時間11分に及ぶ激闘の末に3回戦進出を決めるとともに、同大会30連勝を成し遂げた。

試合後にジョコビッチは「最高のレベルでプレーできたとは思わない。でも、戦術的に正しいゲームプランを考え、ビッグサーブを出した彼(ポピリン)のプレーも称賛に値する。彼は大きな拍手に値するよ」とコメント。

「僕がトーナメントを勝ち進むためには、試合を続けていくことでのレベルアップが必要なんだ。僕はベストのプレーができていないし、まだ自分のフォームを見つけようとしているところなんだ」

「特に序盤戦では、失うものがない選手と戦うことになる。1回戦と2回戦の相手は、どちらも素晴らしいテニスプレーヤーだったと思う。僕はなんとか勝つ方法を見つけることができた。最終的にはそれが大事なことだし、この大会が進むにつれて、自分の力を高めていけたらと思う」

3回戦で第30シードのT・M・エチェベリー(アルゼンチン)と対戦する。エチェベリーは2回戦で同76位のG・モンフィス(フランス)を下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのJ・シナー(イタリア)、第5シードのA・ルブレフ、第7シードのS・チチパス(ギリシャ)、第10シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第12シードのT・フリッツ(アメリカ)、第16シードのB・シェルトン(アメリカ)らが3回戦に駒を進めた。

[PR]1/14(日)~1/28(月) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・大坂、出産時は「人生最悪の痛み」
・処分取り消しも「19カ月は苦痛」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年1月18日7時15分)

その他のニュース

5月20日

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!