国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

現役引退に「素晴らしい人生」

ジョン・イズナー
家族と記念撮影するイズナー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は31日に男子シングルス2回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場し今大会での引退を発表している元世界ランク8位のJ・イズナー(アメリカ)は同じくワイルドカードで出場しているM・モウ(アメリカ)に6-3, 6-4, 6-7 (3-7), 4-6, 6-7 (7-10)のフルセットの激闘で敗れ、現役生活最後のシングルスの試合を終えた。試合後にイズナーは涙を流した。

38歳のイズナーは208cmの長身をいかしたビッグサーブを武器に長年活躍。男子プロテニス協会のATPが記録しているエース本数で歴代最多となっている。

これまで16度のシングルスタイトルを獲得。2018年にはマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)を制覇するなどし自己最高となる世界ランク8位を記録したイズナーは、先月23日にSNSを更新し今大会での引退を表明していた。

迎えた今大会、1回戦では世界ランク94位のF・アコスタ(アルゼンチン)をストレートで下し2回戦進出を果たしたものの、最後は同胞のモウに死闘の末に屈して3時間57分で敗れた。

また、今大会は同じく引退を表明しているJ・ソック(アメリカ)とのペアでダブルスにエントリーしていたが、同日行われた1回戦でR・ギャロウェイ(アメリカ)/ A・オリベッティ(フランス)組に2-6, 6-3, 6-7 (3-10)のフルセットで敗れ敗退。イズナー、ソックというアメリカテニス界を支えた選手が引退となった。

試合後の記者会見に登場したイズナーは涙ながらに現役時代を回顧した。

「いろいろな感情があるよ。もちろん今日のシングルスは残念な結果だったけれど、同時に、あのような雰囲気の中で最後にプレーできたことへの感謝の気持ちもある。とてもクールだった。コート上でも言ったけど、感謝の気持ちがあるから僕はこんなにハードに働いているんだ。体の調子が悪いのを説明するのは難しいよ(笑)。今は話さないけど、最近全般的にね。だから、プレーできるようにするためにすることは、たくさんしなくてはいけないことがあるんだ」

「全体的に楽しい試合だった。もちろん、結果は残念だけど、自分のキャリアで達成したことを誇りに思うよ。コート上では自分がいいライバルだと思いたい。すべての試合で勝てるとは限らない。接戦でたくさん負けるかもしれない。コート上では、窮屈になって少し息が詰まるかもしれない。そういうこともある。でも、それと同時に、僕はこのスポーツを愛している。コートでかなりハードに戦った人として記憶されたい。僕はそう思っているから」

そして涙ながらにテニスへの別れを語った。

「でもコートの外では、そうだね、ロッカールームの中で同僚から尊敬されることが1番大事だと思う。テニスは…、僕の人生の大きな部分を占めている。さよならを言うのはつらい。簡単なことじゃない。でも、いずれはこの日が来る。その感情に備えるのは難しいけど。最も重要なことは、僕には素晴らしい人生があるということだ」

「まずやることは4人の子どもたちとテキサスに戻る旅。それはとても楽しいことだね。いや、いろいろあるよ(笑)。見たい場所、旅行したい場所がたくさんあるんだ。幸運なことに、僕にはその余裕がある。すぐに何かに飛び込む必要はない。それは確かだ」

「でももちろん、僕はただベストでありたいんだ。この先僕ができる最も重要なことは、最高の夫であり父親であること。テニスのおかげで、いつもそうすることができた。テニスのおかげで、トレーニングに行き、汗を流し、エネルギーに満ち溢れて帰ってきて、家族と過ごすことができる。間違いなく、もう本気の練習をすることはないだろう」

「だから、生活の調整が必要なのは確かだ。ただ、その過程で良い決断をし、良い人間であり続けなければならない。それで失敗することもあるだろうけどね(笑)」

[PR]8/28(月)~9/11(月) 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・錦織「痛みがひどくなった」
・大坂 なおみ「私を心配する人へ」
・錦織 全米OP着用ウエア発表

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月1日15時03分)

その他のニュース

4月14日

【告知】ルードvsチチパス (17時02分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

4月11日

チチパスがズベレフ撃破し8強 (22時46分)

【1ポイント速報】ジョコビッチ、ズベレフら3回戦 (20時15分)

ATPとヨコハマタイヤが契約締結 (18時18分)

錦織圭、次週バルセロナOP欠場 (16時50分)

日比野菜緒が公開練習に登場 (14時10分)

世界4位エース不在も日本戦に自信 (12時42分)

大坂なおみ「戦略的なプレーを」 (12時08分)

大坂なおみらBJK杯組合せ決定 (11時34分)

【中止】島袋/内山vs松井/上杉 (11時14分)

メド 主審に激怒「アウトだろ」 (8時31分)

ナダル、バルセロナOP出場を切望 (7時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!