国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【2022引退選手⑤】元世界6位シモン

ジル・シモン
ロレックスパリMSでのシモン
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトには今シーズンで現役を引退した選手を掲載されており、tennis365.netは来シーズン開始まで、今季引退を表明した選手を特集する。5人目は今年11月に37歳で現役を引退した元世界ランク6位のG・シモン(フランス)をピックアップ。

>>【動画】元世界6位シモンが引退、現役最後の1ポイント<<

>>【2022引退選手①】元世界5位ツォンガ<<

20年間にわたる現役生活に終止符を打ったシモンは183cm70kgとヨーロッパ出身のテニス選手として大きな体躯ではないなか、頭脳的なプレーで相手選手を徐々に苦しめていくテニスで翻弄。シングルス通算14個のタイトルを獲得し、マッチ504勝を記録した。

2007年のオープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、ハード)でツアー初優勝を飾ったシモンは同年のブカレストで2勝目を達成。その後2013年まで毎年ツアーでは1勝以上を上げ続け安定した成績を常に維持してきた。

キャリア最後の大会に選んだのは母国フランスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)。11月のシーズン終盤に組まれる同大会は、多くの選手のシーズン最後の大会として位置づけられている。

1回戦では元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)を4-6, 7-5, 6-3の逆転で下すと、2回戦で当時世界ランク11位のT・フリッツ(アメリカ)に対し7-5, 5-7, 6-4のフルセットで撃破。母国ファンを魅了するテニスで16強入りを果たした。しかし、3回戦では好調だったF・オジェ アリアシム(カナダ)に1-6, 3-6で敗北。20年間のキャリアが終了しラケットを置いた。

シモンは引退後「テニス選手であることはとてもラッキーなこと。この姿は僕がいつもなりたかったもので、実際、長い間プロとして活動できた。好きなときに辞めることができるのも幸せなこと。(ロレックス・パリ・マスターズで)2回戦までいけたこともラッキーだし、3回戦までいけたのもラッキーなんだ」と話した。

また、マレーとの1回戦の前、プレッシャーはこれまで同じようなものだったと回答。キャリア最後の試合になるという独特な重圧は感じなかったと明かした。

「なぜなら、同じルーティンだから。試合に向けて準備することは僕が20年間やってきたことだからね」

「僕はもともとテニスが大好きで、とても興味深いものなんだ。とても面白いゲームだよ。いろいろなレベルで、いろいろなことができる。肉体的、技術的、精神的、すべてにおいてね。とても素晴らしいスポーツだし、明らかに最高のスポーツだよ。 テニス選手の中には『自分はテニスをやっているけど、他のことをやっていたほうが幸せだった』と言う人もいるけど、僕の場合は違うんだ」

「だから、僕はテニスに熱中し、テニスをより深く知ろうとするのだと思う。だからこそ、これほど長くテニスを続けてこられたんだよ」

シモンの象徴的な試合として、2016年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)での4回戦、N・ジョコビッチ(セルビア)戦があげられる。同大会でシモンは世界ランク15位として、V・ポスピシル(カナダ)F・デルボニス(アルゼンチン)らを下し16強入り。4回戦で当時1位のジョコビッチと相まみえた。

この試合、スコアとしては3-6, 7-6 (7-1), 4-6, 6-4, 3-6のフルセットで敗れたものの、シモンはジョコビッチのアンフォースドエラーを100本引き出し、4時間32分の激闘を繰り広げた。

「僕はテニスについてよく考えていて、言葉で説明しようとするんだ。他の多くのプレーヤーは、もっと何かを感じたり、感情を動かしたりしている。でも僕は、感情をコントロールするのが苦手なんだ。だから、多分僕の話し方や正確さが、そういう感じを与えているんだと思うよ」

最後にシモンはテニスという競技について魅力を語った。

「非常に完成されたスポーツで、成功を収めるために多くの要素をバランスよく備えていなければいけないのが好きだ。テニスにはさまざまなスキルを必要とする身体的な側面もあるけど、世界の大舞台で活躍するための鍵となる精神的な側面もある」

「精神面では、自分1人しかいないから大きなプレッシャーがかかる。チームスポーツではないんだ。いい気分の日もあれば、無敵だと感じる日もある。そしてあるときは地球上で最悪のアスリートになって何もできなくなってしまうんだよ」

「肉体的に優れたアスリートでなければならないし、技術的にもスキルが必要だし、精神的にも強くなければならない。相手と直接対決し、ランキングも毎週変わる。これが好きなんだ。上達したい、最高のテニスプレーヤーになりたいと思うのであれば、自分に正直にならなければならない。とても難しいスポーツだと感じているよ」




■関連ニュース

・【2022引退選手③】元世界3位デル=ポトロ
・【2022引退選手②】元世界5位アンダーソン
・【2022引退選手④】元世界18位のセッピ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年12月27日15時56分)

その他のニュース

5月29日

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (4時59分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!