国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界220位 シード破る金星

レベッカ・マリーノ
初戦突破のレベッカ・マリーノ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、WTA1000)は9日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク220位のR・マリーノ(カナダ)が第16シードのM・キーズ(アメリカ)を6-3, 6-3のストレートで破る金星をあげ、初戦突破を果たした。

>>錦織らナショナル・バンクOP対戦表<<

>>錦織vsキツマノビッチ 1ポイント速報<<

この試合、マリーノはファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは4本のダブルフォルトを犯すキーズから4度のブレークに成功し、1時間6分で勝利した。

女子プロテニス協会のWTAは公式サイトでマリーノのコメントを掲載し「この地で勝利できて、とても興奮している。彼女(キーズ)は、とても強い選手。本当に厳しい試合になるだろうと思っていた。この試合に勝てたことをとてもうれしく思うし、次の試合も楽しみにしている」と語った。

元世界ランク38位のマリーノは一時ツアーから離脱するも、2018年に復帰していた。

「テニスから離れたのは、その時の正しい判断だったと思う。当時、理解してくれなかった人もいると思うけど、私が下した決断をとても誇りに思っている。なぜなら、それによってスポーツへの愛と情熱を再発見したから。それがプレーに表れていると思う」

勝利したマリーノは2回戦で世界ランク31位のP・バドサ(スペイン)と対戦する。バドサは初戦で同47位のV・ゴルビッチ(スイス)を6-2, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第11シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第13シードのO・ジャバー(チュニジア)、同38位のN・ポドロスカ(アルゼンチン)、同55位のK・シニアコバ(チェコ)らが2回戦へ駒を進めている。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 トロント
8/9(月・休)~8/15(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
全米オープンテニス
8/30(月)~9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年8月10日21時02分)

その他のニュース

3月5日

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!