国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退よぎった試合「もう終わり」

アンディ・マレー
コピル戦後のマレー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは7日、2018年のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)3回戦で行われたA・マレー(イギリス)vsM・コピル(ルーマニア)の一戦を特集した。

【YouTube】これぞプロの超高速フォアハンド! 【テニス 関口 周一】と対決

>>YouTube テニス365チャンネル<<

当時31歳のマレーは同年の1月に股関節の手術を行い6月に復帰。しかし、思った通りの成績を残すことができずに7月のシティ・オープンを迎えていた。

マレーは1回戦でM・マクドナルド(アメリカ)、2回戦でK・エドモンド(イギリス)をそれぞれ逆転で破り3回戦に進出。832位にまで世界ランクを落としていたマレーは同93位のコピルと激突した。

この日、午前0時から始まった試合はコピルに20本のサービスエースを決められたものの、マレーが粘りのプレーを披露。最終的に3時間以上の試合時間を要し、6-7 (5-7), 6-3, 7-6 (7-4)の逆転でマレーが勝利してベスト8に進出した。試合後、マレーはコート横のベンチで涙を流す場面があった。

コピルは当時のマレー戦について「彼がまたツアーに戻ってきてくれてうれしいし、対戦できることは最高のよろこびだ。とても楽しいし、僕のベストを引き出してくれる。ロッカールームに戻ってからまた話しをしたけど、そのときもまだ泣いていたよ」と話していた。

しかし、同時にマレーの異変にも気づいてたと語った。

「彼の歩き方を見て、何かあると思ったけど、試合中の動き自体は良かったと思う。レベルが低かったとは言えない。それに彼は歴史に残るトップ4人のうちの1人だから、けがや、レベルが低いかもしれないということは考えていなかった。彼のレベルは、たとえ100パーセントではないにしても、非常に高いんだよ」

昨年公開されたマレーのドキュメンタリー映画の中で、コピルとの試合の数時間後にホテルの自室で撮影した場面が掲載されている。その部屋でマレーは「僕はこれでもう終わりだと感じている。本当に続けたいと思っているけど、身体は僕に『ノー』と言っているんだ」と語っていた。

シティ・オープン8強入りを果たしたマレーだったが、準々決勝のA・デ ミノー(オーストラリア)との一戦を前に棄権を表明。一足早く会場をあとにした。

その後、マレーは2019年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で現役を引退する意向を話したものの、同月行った手術から5カ月後、6月にダブルスで復帰。同年10月にはシングルスでツアー優勝を飾った。

現在は新型コロナウイルスの感染拡大により男子ツアーが中断しているものの、再開戦となる22日開幕のW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000)や、31日から開催予定の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)へのワイルドカード(主催者推薦)での出場が決まっている。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 ウェスタン&サザンオープン」
ATPツアーがいよいよ再開!WOWOWメンバーズオンデマンド限定でライブ配信!
また、WOWOWでは「全米オープンテニス」を
8/31(月)〜連日独占生中継!
さらに、錦織&大坂の過去試合を無料配信中!

【配信日】
「男子テニスATPツアー マスターズ1000 ウェスタン&サザンオープン」
8/22(土)〜8/28(金)

■詳細はこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ 全米OP出場へ
・マレーら 全米OP出場が決定
・全米OP 賞金総額は約56億円に

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年8月8日18時18分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!