- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界174位 ペール破る金星

ロベルト・マルコラ
2019年のロベルト・マルコラ
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのタタ・オープン・マハーラーシュトラ(インド/プネ、ハード、ATP250)は6日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク174位のR・マルコラ(イタリア)が第1シードのB・ペール(フランス)を6-4, 6-4のストレートで破る金星をあげ、ツアー初のベスト8進出を果たした。

>>大坂vsソリベス=トルモ 1ポイント速報<<

>>土居vsスアレス・ナバロ 1ポイント速報<<

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはマルコラのコメントが掲載されており「どんな相手とも戦えると心の底から分かっていた。ベストなプレーができれば、ペールやトップ20の選手と対戦することに恐れはない。僕らはテニス選手。誰だって問題や弱点がある。みんな人間。こんな試合に勝てるという夢をいつも持っている」と語った。

「これは素晴らしい瞬間。2日前にATP大会で初勝利。今日は初めてトップ20から初勝利。全てが自分にとって初めて。最初は少し緊張していたけど、ベストプレーができた。とてもうれしい」

30歳のマルコラは「プロになったのは、学校を卒業して大学を1年いったあとの20歳のとき。いつもテニスをすることが好きで、20歳のときに自分自身へ『プロでやってみるか』と言った。フューチャーズ大会から始めて、2016年には肩の手術をした。1年間ツアーから離れて戻ってきた」と、これまでについて明かした。

「世界ランク1位やトップ10入りなどを望んでいない。この瞬間を楽しみたい。テニスをすることや、世界を飛び回ること、自分の限界を探ることが大好き。だからテニスをしている。今は30歳だけど、20歳のときよりいい状態」

予選から勝ち上がってきたマルコラは、準々決勝で第6シードのJ・ダックワース(オーストラリア)と対戦する。ダックワースは2回戦で世界ランク102位のダニエル太郎を逆転で下しての勝ち上がり。

今後についてはマルコラは「目標は、いつか卒業して学位を取りたい。3年間の短期間で学位を取ると、弁護士にはなれない。アドバイザーになることはできる。でも弁護士ではない。5年間勉強しなければ弁護士になれない。何が起こるかなど、誰も分からない。今はテニス選手。それを辞めた時、本を開いてやらなければいけない10個の試験を受けるだろう」と述べた。

「これはプロセスの一部。こんな大会でもっと戦いたかった。今、少しそれがテストできた。30歳で始められた。遅すぎることなどない。やっとこのような感情を味わうことができた」

同日の2回戦では第4シードのクォン・スンウ(韓国)と第8シードのE・ゲラシモフ(ベラルーシ)も8強へ進出した。

「フェデラーvsナダル The Match in Africa」
テニス史上最高のライバルマッチが南アフリカで実現!グランドスラム20勝のフェデラーと同じく19勝のナダルによる夢の対決をWOWOWはお届けする。

【放送予定】
2月8日(土)午後3:30 WOWOWにて放送。
また、WOWOWメンバーズオンデマンドにて先行ライブ配信 2月7日(金)深夜2:00〜

■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ラケット問題 ペール明かす
・錦織 世界ランク26位へ後退
・ジョコ「ティームいつか優勝」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2020年2月7日9時43分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!