- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ワウリンカ撃破も「苦労した」

ラファエル・ナダル
ベスト8進出を果たしたナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は31日、シングルス3回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が第16シードのS・ワウリンカ(スイス)を6-4, 6-4のストレートで破り、2017年以来2年ぶり7度目のベスト8進出を果たした。

>>ジョコらパリ・マスターズ対戦表<<

22度目の対戦となったこの試合、ナダルはワウリンカに7本のサービスエースを決められたものの、2度のブレークに成功。1時間27分で勝利し、通算対戦成績を19勝3敗とした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにナダルのコメントが掲載されている。

「サービスも良かったし、ボレーもうまくいった。集中してサービスを維持できたと思うし、サービスゲームは良かった。リターンは苦労してしまったが、スタン(ワウリンカ)は素晴らしいサービスを持ち、読むのが難しいのは事実だ。だから今回の勝利は本当に重要なものだった」

パリ・マスターズ初の制覇を狙う33歳のナダルは、4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク35位のJW・ツォンガ(フランス)と対戦する。両者は14度目の顔合わせでナダルの9勝4敗。ツォンガは3回戦で同36位のJ・シュトルフ(ドイツ)を逆転で下しての勝ち上がり。

ツォンガはナダル戦に向けて「このような試合は実力を向上させるのに適している。最高のプレーができればそれだけで有益になる。勝ち負けはあまり重要ではないよ。1回戦でラファ(ナダル)と対戦するのは問題だが、準々決勝で当たるのは普通のことだ」とコメントを残している。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第7シードのS・チチパス(ギリシャ)らが8強入りを決めた。一方、第5シードのD・ティーム(オーストリア)は世界ランク27位のG・ディミトロフ(ブルガリア)に、第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)は同28位のD・シャポバロフ(カナダ)に敗れて姿を消した。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いをWOWOWは生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー ATPカップ参加せず
・ナダル 結婚式「特別な日」
・大坂 なおみ「今季は『U』」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年11月1日10時26分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!