- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織に雪辱「みんな苦しんだ」

錦織圭
健闘を称え合う(左から)ティームと錦織
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は15日、グループ・レイトン・ヒューイットの予選ラウンドロビン第3戦が行われ、第6シードのD・ティーム(オーストリア)が第7シードの錦織圭6-1, 6-4のストレートで破り、1勝目をあげた。

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

第1・第2戦でストレート負けを喫していたティームは会見で「本当の自分を見せたかった。2日前はとても悪かったからね。今日は、はるかにいいテニスをしたかった。それができたし、調整もできた。ファーストサービスの確率も上げるように努めた。確実に結果へつながった。もちろん、勝てたことはうれしい」と喜びをかみしめた。

錦織には10月のエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)準々決勝で敗れていたが、この日は1時間24分で雪辱を果たした。

「毎週違う状況で戦わなければいけない。同じことはない。違うコートやボールに慣れなければいけない。例えば、圭はウィーンやパリで驚くようなプレーをしていた。今週は明らかにそこまでのプレーではなかった。自分も似たようなもの。毎週毎週いいプレーはできない。ここではみんな苦しんだ。それでも僕らは、ここで戦い抜かなければいけない」

錦織から白星をあげるも、同日の第3戦で第2シードのR・フェデラー(スイス)が第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)に勝利したことでティームの決勝トーナメント進出の可能性は消滅した。

最後にティームは、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を「1番の優勝候補」と口にした。

「アンダーソンは自分や圭との対戦では素晴らしかった。もし彼(アンダーソン)のサービスがよければ、ノヴァークでも苦しむはず。レーバー・カップでも彼はノヴァークを倒していた」

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ 2勝0敗
(3)A・ズベレフ(ドイツ) 1勝1敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 1勝1敗
(8)J・イズナー(アメリカ) 0勝2敗

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー 2勝1敗
(4)K・アンダーソン 2勝1敗
(6)D・ティーム 1勝2敗
(7)錦織圭 1勝2敗

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて配信!

【配信予定】
11月11日(日)〜11月18日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■ 関連ニュース

・錦織「やっぱちっちぇーな」
・ティーム 「錦織に呼吸させなかった」
・錦織以外185cm以上の高身長

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年11月16日11時00分)

その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!