- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂 敗戦も「何も後悔ない」

大坂なおみ
初戦は黒星となった大坂なおみ
画像提供: ゲッティ イメージズ
女子テニス最終戦のBNPパリバ WTAファイナルズ・シンガポール(シンガポール、室内ハード)は22日、レッド・グループの予選ラウンドロビンが行われ、第3シードの大坂なおみは第5シードのS・スティーブンス(アメリカ)に5-7, 6-4, 1-6のフルセットで敗れ、初戦は黒星となった。

>>大坂らファイナルズ組み合わせ表<<

>>大坂vsケルバー 1ポイント速報<<

日本女子で3人目のWTAファイナルズ出場を果たしている21歳の大坂は、序盤からブレークを許すなどスティーブンスの安定したテニスに苦戦。第2セットを取りセットカウント1−1に追いつく健闘を見せたが、2時間24分で力尽きた。

女子テニス協会WTAの公式サイトには「ここで戦う選手は世界のトップ。どの試合も苦しい戦いになる。ある意味、試合ごとにどんどんよくするだけ」と大坂のコメントが掲載されている。

「負けても、まだ試合があるのは最高だと思う。そういう意味では、この大会は本当に特別。間違いから学べる機会を再び持てて、それを次の試合へ活かすことができるのは、とてもいいこと。普段は負けると、試合を変えられたであろうと思える具体的なものがある。でも、今は何も後悔はない。試合全体が激しい戦いだった。彼女(スティーブンス)は本当にいいプレーをしたし、勝利に値すると思う」

この日の大坂は堅い守備のスティーブンスにミスを重ね、ラケットを叩くなど怒りをあらわにした。

「それ(ファーストサービスの入りの悪さと感情を露わにしたこと)は、あまり誇れるものではなかった。何も考えていない時の方が、よりいいプレーができると感じている。でも、それをどうやるかを学んでもいる。なぜなら、それを安定してできていない気がするから」

WTAファイナルズ・シンガポールは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

24日の予選ラウンドロビンで大坂は、今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制した第1シードのA・ケルバー(ドイツ)と対戦する。ケルバーも大坂と同様に、初戦で敗戦を喫している。

「ケルバーとは対戦したことがある。1億回くらい。お互いどんなプレーをするか知っている。彼女はグランドスラムのチャンピオン。きっとすごいプレーをするはず。試合はとても難しいものになると思って臨まなければいけない。キキ(ベルテンス)とは以前一緒に練習をした。彼女も素晴らしい選手であることを知っている」

大坂とケルバーの戦いは、日本時間24日の20時30分(現地24日の19時30分)に開始予定。両者は5度目の対戦で、大坂の1勝3敗。今年のウィンブルドン3回戦では、ケルバーにストレートで敗れている。

大坂は「このレベル、この大会では、誰もが本当いいプレーをするし、誰もが勝ちたいと思っている。だから、どの試合も難しいものになると心に刻んでおかなければならない」と意気込んでいる。

【レッド・グループ】
A・ケルバー 0勝1敗
大坂なおみ 0勝1敗
S・スティーブンス 1勝0敗
K・ベルテンス(オランダ) 1勝0敗

【ホワイト・グループ】
C・ウォズニアッキ(デンマーク) 0勝1敗
P・クヴィトバ(チェコ) 0勝1敗
E・スイトリナ(ウクライナ) 1勝0敗
Ka・プリスコバ(チェコ) 1勝0敗

大坂なおみ出場のWTAファイナルズ独占生中継! ダゾーンでタダで観よう!(無料トライアル1カ月)
【配信予定】10/21(日)〜10/28(日)
■詳細はこちら>






■関連ニュース

・錦織は「大きな子ども」と大坂
・大坂に完敗 女王ハレプは落胆
・錦織 大坂のVは「シビれた」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年10月23日11時21分)

その他のニュース

6月24日

ウィンブルドンを最後に引退 (21時24分)

ウィンブルドン予選 24日開始 (19時35分)

20歳ケニン 今季2勝目「満足」 (18時57分)

錦織7位 日本勢世界ランク (16時52分)

ロペス 37歳で単複2冠を達成 (14時55分)

錦織7位 24日付世界ランク (12時34分)

石黒賢と伊達公子が特別対談 (11時23分)

大坂2位へ 24日付世界ランク (10時24分)

フェデラー10度目V「重要」 (7時10分)

大坂なおみから世界1位奪取 (6時45分)

マレー 復帰戦のダブルスでV (5時46分)

6月23日

大坂 世界ランク1位陥落が決定 (22時38分)

4連続エースも、決勝進出逃す (18時52分)

逆転で第1シード下し決勝へ (17時01分)

デルポ 膝の手術成功明かす (14時59分)

シモン 逆転で今季初の決勝へ (14時17分)

V王手 フェデラーとの決勝へ (13時03分)

大坂から世界1位奪取に王手 (11時37分)

フェデラー決勝進出でV王手 (6時52分)

マレー/ロペス組が決勝進出 (6時37分)

6月22日

好調ベレッティーニが4強へ (20時11分)

ケルバーが上位対決制し4強へ (16時12分)

完勝メドヴェデフ 2カ月ぶり4強 (14時51分)

「錦織らを倒すことが必要」 (13時20分)

デルポ 右膝の手術へ「つらい」 (11時06分)

添田 グラノジェルス破り4強 (10時39分)

「ひどかった」逆転負けで敗退 (10時01分)

4強フェデラー「楽しめた」 (8時50分)

6月21日

錦織 エキシビションに出場 (18時59分)

世界191位 ワウリンカ撃破 (17時03分)

マレー ウィンブルドン複出場へ (16時13分)

シャラポワ 復帰戦は2回戦敗退 (15時04分)

添田豪 CH2週連続8強へ (12時55分)

大坂撃破「1位を倒せて最高」 (11時28分)

キリオスとの激闘制し8強へ (11時07分)

ラオニッチ 16本エースで8強 (10時51分)

ズベレフ「満足」快勝で8強 (10時11分)

フェデラー8強 ツォンガ撃破 (8時51分)

マレー 復帰戦ダブルスは白星 (5時58分)

デルポ 骨折で手術の可能性 (0時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!