- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全てのコートをこの1足で

アディダスジャパン株式会社
「UBERSONIC3 MULTICOURT OUTSOLE」
画像提供: アディダスジャパン株式会社
アディダスジャパン株式会社は6日、コート上の様々な動きに対応し、オールラウンドプレイヤーのために設計したあらゆるコートサーフェスに対応する軽量テニスシューズ「UBERSONIC3 MULTICOURT OUTSOLE(ウーバーソニック3 マルチコートアウトソール)」を発売した。

今回アディダスが着目したのは「スピードテニス時代」の到来に求められる、新たなフットワークの必要性。

それは、テニス界のレジェンドであるS・スミス(アメリカ)が活躍した1970年代と、現在のA・ズベレフ(ドイツ)を比較すると顕著に表れている。1970年代はいかに早くネットを取るか、いかに縦横無尽に走り回るかに対して、現在のテニスはベースライン後方で、一歩踏み込んでウィナーを決めることが多くなった。

そのため、ネットに出ない分カバーリングする範囲が狭くなって楽になるかと思われるが、実際にはスピードテニスに対応するために無理な態勢でのプレーを強いられ、身体に負担がかかる。

そこでアディダスは、不可能とされたグリップ力とスライド性能の両立を実現し、アディダス独自の技術によってあらゆるコートサーフェスでプレイヤーのフットワークを支える「マルチコートアウトソール」を開発。

この「マルチコートアウトソール」は、コート毎の履き替えが不要。全てのサーフェスをこの1足でプレーできる。

従来のアディダスのオムニコート用より滑らず、グリップ力がある。さらに従来のアディダスのオールコート用より摩擦が少なく、引っかからない。

このソールを搭載した「ウーバーソニック3」は、インターロッキング・ファイバーシステムをアッパーに採用することで、軽量でありながら耐久性を持ち、シュータン一体型の構造でフィット感・快適性が高い。

さらに、スプリントヒールフレームにすることでヒール部分のサポート力を高め、高速テニス時の側面からかかるストレスの中でも、最適なかかとの位置をキープ。PU(ポリウレタン)ミッドソールテクノロジーによってミッドソールが優れた反発力と弾力性のあるクッショニングを発揮。

また、日本人の足型に合わせて開発されたジャパニーズマイクロフィットラストを採用し、足入れから高いフィット感と快適な履き心地を実現。コート上での高いパフォーマンスをサポートする。



■シューズ詳細・購入はこちら

(提供:アディダスジャパン株式会社)


■関連ニュース

・大坂、日本女子初の決勝進出
・大坂 決勝「多くの意味ある」
・錦織 ジョコ戦へ向け調整

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月7日18時53分)

その他のニュース

8月22日

マレー 14年ぶりCH出場へ (20時38分)

ペール8強「本当にうれしい」 (16時02分)

ナダル 西岡ら全米会場で練習 (11時11分)

アニシモワ 父の急死で全米欠場 (11時02分)

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

清水綾乃 全米予選2回戦敗退 (6時22分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!