- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

Vジョコ「長い道のりだった」

ノヴァーク・ジョコビッチ
4度目の優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は15日、男子シングルス決勝が行われ、第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのK・アンダーソン(南アフリカ)を6-2, 6-2, 7-6 (7-3)のストレートで下して2015年以来3年ぶり4度目の優勝を果たし、賞金225万ポンド(約3億3,400万円)を獲得した。

>>ウィンブルドン対戦表<<

決勝戦、第1・第2セットを連取したジョコビッチは、第3セットに入ると本来の力を発揮したアンダーソンに苦戦。5本のセットポイントを握られるピンチを迎えたが、フォアハンドのウィナーを決めるなどで切り抜けた。タイブレークでは最後アンダーソンのリターンがネットにかかり、2時間19分で栄冠を手にした。

右肘のけがから復帰後、かつての力を取り戻せなかった元世界ランク1位のジョコビッチは早期敗退が続くなど屈辱を味わってきた。

しかし、今大会では第24シードの錦織圭との準々決勝、第2シードのR・ナダル(スペイン)との準決勝でブレークチャンスを握られた時こそ、高い集中力と攻撃的なテニスで何度のピンチを乗り越えてきた。

決勝後の会見で、ジョコビッチは「とても長い道のりだった。練習を再開し、全豪オープンを戦ったけど、(右肘に)痛みがある中でのプレーだった。手術することは仕方なかった。コートへ戻るのが早すぎて、試合をする準備はできていなかった。インディアンウェルズとマイアミはよくなかった。どこを目標にして復帰すればよいか選べなかった。ウィンブルドンは自分にとっても他の選手にとっても特別。7歳の頃から、ここで優勝するのを夢見ていた」と語った。

「2011年に初めてウィンブルドンで優勝して世界ランク1位になった時、夢が現実になった。これまでの3回の優勝と今回を比べるのは本当に難しい。選ぶとするなら、初めてのものと今年の優勝。今年は息子が優勝セレモニーに来てくれたから特別なものになった」

この日の優勝により16日に発表される世界ランキングで10位へ浮上することが確定したジョコビッチは「どれほど辛抱しなければいけないか学んだ。インディアンウェルズやマイアミの時は違和感や痛みを感じながらプレーしていた。誰もが反対していたけど先へ進み続け、自分が責任をとっていた」と振り返った。

「ウィンブルドンでこのレベルまで戻れるとは思ってはいなかった。同時に、自分自身の能力を常に信じ、自分が持っているテニスのレベルを信じている自分もいた。どんな大会でも、トロフィーを掲げられるチャンスがあると信じている。手術後の数カ月は期待値が高すぎて、なぜ元のレベルでプレーできないのか分からず自分自身に反抗していた。今は簡単に話せる。それを突破してきた。そばにいて信じてくれた人たちへ感謝したい」

「この数大会でできたテニスにはうれしくも思うし、満足もしている。この優勝は、かなりの自信につながったし、どんなことが起きても土台になるはず。将来が本当に見えない。何が起きるか分からない。でもハードコートでもプレーしたい。全米オープンはこれまでも成功をおさめた大会。去年はけがで出場できなかった。あの場所へ戻って最高のテニスをして、どんな結果がでるか楽しみにしている」






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー「最悪の気分」
・6時間半制すも長時間に苦言

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月16日14時03分)

その他のニュース

6月24日

ウィンブルドンを最後に引退 (21時24分)

ウィンブルドン予選 24日開始 (19時35分)

20歳ケニン 今季2勝目「満足」 (18時57分)

錦織7位 日本勢世界ランク (16時52分)

ロペス 37歳で単複2冠を達成 (14時55分)

錦織7位 24日付世界ランク (12時34分)

石黒賢と伊達公子が特別対談 (11時23分)

大坂2位へ 24日付世界ランク (10時24分)

フェデラー10度目V「重要」 (7時10分)

大坂なおみから世界1位奪取 (6時45分)

マレー 復帰戦のダブルスでV (5時46分)

6月23日

大坂 世界ランク1位陥落が決定 (22時38分)

4連続エースも、決勝進出逃す (18時52分)

逆転で第1シード下し決勝へ (17時01分)

デルポ 膝の手術成功明かす (14時59分)

シモン 逆転で今季初の決勝へ (14時17分)

V王手 フェデラーとの決勝へ (13時03分)

大坂から世界1位奪取に王手 (11時37分)

フェデラー決勝進出でV王手 (6時52分)

マレー/ロペス組が決勝進出 (6時37分)

6月22日

好調ベレッティーニが4強へ (20時11分)

ケルバーが上位対決制し4強へ (16時12分)

完勝メドヴェデフ 2カ月ぶり4強 (14時51分)

「錦織らを倒すことが必要」 (13時20分)

デルポ 右膝の手術へ「つらい」 (11時06分)

添田 グラノジェルス破り4強 (10時39分)

「ひどかった」逆転負けで敗退 (10時01分)

4強フェデラー「楽しめた」 (8時50分)

6月21日

錦織 エキシビションに出場 (18時59分)

世界191位 ワウリンカ撃破 (17時03分)

マレー ウィンブルドン複出場へ (16時13分)

シャラポワ 復帰戦は2回戦敗退 (15時04分)

添田豪 CH2週連続8強へ (12時55分)

大坂撃破「1位を倒せて最高」 (11時28分)

キリオスとの激闘制し8強へ (11時07分)

ラオニッチ 16本エースで8強 (10時51分)

ズベレフ「満足」快勝で8強 (10時11分)

フェデラー8強 ツォンガ撃破 (8時51分)

マレー 復帰戦ダブルスは白星 (5時58分)

デルポ 骨折で手術の可能性 (0時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!