- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

Vジョコ「長い道のりだった」

ノヴァーク・ジョコビッチ
4度目の優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は15日、男子シングルス決勝が行われ、第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのK・アンダーソン(南アフリカ)を6-2, 6-2, 7-6 (7-3)のストレートで下して2015年以来3年ぶり4度目の優勝を果たし、賞金225万ポンド(約3億3,400万円)を獲得した。

>>ウィンブルドン対戦表<<

決勝戦、第1・第2セットを連取したジョコビッチは、第3セットに入ると本来の力を発揮したアンダーソンに苦戦。5本のセットポイントを握られるピンチを迎えたが、フォアハンドのウィナーを決めるなどで切り抜けた。タイブレークでは最後アンダーソンのリターンがネットにかかり、2時間19分で栄冠を手にした。

右肘のけがから復帰後、かつての力を取り戻せなかった元世界ランク1位のジョコビッチは早期敗退が続くなど屈辱を味わってきた。

しかし、今大会では第24シードの錦織圭との準々決勝、第2シードのR・ナダル(スペイン)との準決勝でブレークチャンスを握られた時こそ、高い集中力と攻撃的なテニスで何度のピンチを乗り越えてきた。

決勝後の会見で、ジョコビッチは「とても長い道のりだった。練習を再開し、全豪オープンを戦ったけど、(右肘に)痛みがある中でのプレーだった。手術することは仕方なかった。コートへ戻るのが早すぎて、試合をする準備はできていなかった。インディアンウェルズとマイアミはよくなかった。どこを目標にして復帰すればよいか選べなかった。ウィンブルドンは自分にとっても他の選手にとっても特別。7歳の頃から、ここで優勝するのを夢見ていた」と語った。

「2011年に初めてウィンブルドンで優勝して世界ランク1位になった時、夢が現実になった。これまでの3回の優勝と今回を比べるのは本当に難しい。選ぶとするなら、初めてのものと今年の優勝。今年は息子が優勝セレモニーに来てくれたから特別なものになった」

この日の優勝により16日に発表される世界ランキングで10位へ浮上することが確定したジョコビッチは「どれほど辛抱しなければいけないか学んだ。インディアンウェルズやマイアミの時は違和感や痛みを感じながらプレーしていた。誰もが反対していたけど先へ進み続け、自分が責任をとっていた」と振り返った。

「ウィンブルドンでこのレベルまで戻れるとは思ってはいなかった。同時に、自分自身の能力を常に信じ、自分が持っているテニスのレベルを信じている自分もいた。どんな大会でも、トロフィーを掲げられるチャンスがあると信じている。手術後の数カ月は期待値が高すぎて、なぜ元のレベルでプレーできないのか分からず自分自身に反抗していた。今は簡単に話せる。それを突破してきた。そばにいて信じてくれた人たちへ感謝したい」

「この数大会でできたテニスにはうれしくも思うし、満足もしている。この優勝は、かなりの自信につながったし、どんなことが起きても土台になるはず。将来が本当に見えない。何が起きるか分からない。でもハードコートでもプレーしたい。全米オープンはこれまでも成功をおさめた大会。去年はけがで出場できなかった。あの場所へ戻って最高のテニスをして、どんな結果がでるか楽しみにしている」






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー「最悪の気分」
・6時間半制すも長時間に苦言

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月16日14時03分)

その他のニュース

3月23日

選抜、男女団体4強が出揃う (18時13分)

錦織、早期敗退続くも前向く (16時38分)

大坂なおみ 次戦の曲者を警戒 (14時24分)

錦織に続きティームも敗退 (11時50分)

錦織「ベストではなかった」 (7時51分)

大坂 141位に苦戦も初戦突破 (3時19分)

錦織 波乱、今季初の初戦敗退 (3時08分)

【1ポイント速報】錦織vsラヨビッチ (3時07分)

【1ポイント速報】大坂vsウィックマイヤー (3時05分)

3月22日

快勝フェレール「うれしい」 (19時50分)

選抜 3回戦の組み合わせ一覧 (19時01分)

選抜、団体2回戦の結果一覧 (18時08分)

選抜 柳川が鳳凰との3回戦へ (17時40分)

序盤苦戦も マイアミ初勝利 (17時22分)

選抜 野田学園が城南学園破る (16時17分)

選抜、名古屋が快勝で3回戦へ (15時48分)

選抜、四日市が3回戦へ進出 (15時21分)

大坂まり 妹なおみを称賛 (15時06分)

ダニエル、マイアミ初勝利ならず (14時00分)

土居美咲 マイアミOP初戦突破 (9時10分)

錦織 初戦は世界44位ラヨビッチ (8時44分)

3月21日

選抜 2回戦組み合わせ一覧 (20時55分)

選抜、女子団体1回戦の結果 (19時41分)

選抜、男子団体1回戦の結果 (17時55分)

大坂 姉まりに「いつも負けてた」 (16時53分)

フェデラー「あと数回優勝」 (15時18分)

世界3位のハレプ 新コーチ発表 (14時26分)

ベルディヒ棄権「時間必要」 (13時04分)

土居、日比野 マイアミ本戦へ (11時13分)

マイアミ男子 本戦出場一覧 (10時27分)

サーブが苦手な人のTシャツ (9時01分)

大坂 初戦は世界141位か142位 (8時16分)

3月20日

デ杯監督の岩渕が選抜に登場 (20時21分)

選抜、佐藤と吉田が選手宣誓 (19時42分)

杉田祐一 CH初戦で敗れる (17時41分)

東京コレクション 2選手出演 (15時47分)

メドヴェデフ、ラコステと契約 (14時45分)

プロ4選手がイベントを開催 (12時58分)

トップ50唯一の10代選手に (11時26分)

土居、日比野の勝利 WTAが特集 (10時05分)

マイアミOP 悪天候で順延に (7時49分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!