- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界初の技術に杉山愛も驚愕

杉山愛
特別ゲストで登場した杉山愛
画像提供: tennis365.net
テニス用品を展開するグローブライド株式会社は5月16日に都内某所で、8月3日発売の新製品特別発表会を行った。

この日、グローブライド株式会社は世界初のテクノロジーを使ったラケットの新モデルを発表。シャフト部分が左右非対称になっており、【右利き用】【左利き用】と利き手専用のモデルでフォア、バックで苦手なサイドをラケットの技術で補える今までに無い画期的なラケットになります。デザインや価格帯は未公表。








発表会後は、コートにて試打会を実施。テニスショップやテニススクール関係者が新製品の試打を行い、ストロークやスライスなど様々なショットを試した。





また、本イベントにはダブルスで元世界ランク1位の杉山愛が特別ゲストとして登場し、トークセッションや試打会に参加。イベント後にはtennis365.netのインタビューに応じ、新製品について語った。

【第1印象は「ビックリ」】

この日に先駆けて試打を行ったことを明かした杉山は、新製品を手にした第1印象について「まず、手にとった時はビックリですね。『わお』という感じしか無いというか、今までにない形状だったので、新しいなというのとどんなフィーリングなんだろうと。早く打ってみたいなと思いました」コメント。

実際にボールを打ってみた感想については「形状通りというかフォア側とバック側の打った差がすごく合ったので『こんなラケット今までにないな』っていう驚きが第1印象ですね。」

「パワーがあるラケットはすっぽ抜けてしまってボールの収まりが悪いというイメージがあったんですけど、そういうのがなくてしっかりと押さえが効いてスピンもかかって収まりが良い。バックハンド側は特にノリ感が良いというか、自分の力がボールに伝わりやすい感覚があるので、伸びがいいなと思いました」と話した。

【新製品は「幅広い層の方」向け】

新製品の推奨レベルは「スピンもかかりますし、バックハンド側は特にノリ感があるのでスピンをグイグイかけるというよりはフラット気味で攻撃していって直球でも攻められると思います。かといってそれが吹っ飛んでいって、収まりが悪いわけではないので、そういう意味では両方(フラット系もスピン系も)にいけるんじゃないかなと思いますね」と杉山。

続けて「やはりどちらか(フォアハンドかバックハンド)が苦手というか、フォアハンドとバックハンドの差がだいたい一般のプレーヤーにはあるので、そういった方に是非使っていただきたいですね。」

「自分の苦手なところを補えるラケットだと思うので、そういう意味では幅広い層の方々に使っていただけるかなと思います」と述べた。

【プリンスのラケットは「画期的」】

最後に、長年プリンスのラケットを使用して世界最高峰のレベルで戦ってきた杉山に、1番思い入れのあるモデルについて質問した。

杉山は「そのときそのときでニーズに応えてもらっているので、どのラケットもすごくスペシャルです。一番始めにO3とかが出た時は『なんだこれは!?』という衝撃はありましたね。」

「その時の感覚というのは、今のこのラケット(新製品)に匹敵するような驚きというか画期的さがあります。(O3の時も)振り抜きがすごく良くなったので、形状の大改革っていうのはプリンスの得意なところかなと思います」と絶賛した。


■関連ニュース

・錦織、初戦はジョコと激突
・誤審に2度激怒 明らかにアウト
・喘ぎ声など2017年NG集

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年6月1日17時14分)

その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!