- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル棄権 全豪の負傷再発か

ラファエル・ナダル
棄権を発表したナダル
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は27日に大会公式サイトで、第1シードのR・ナダル(スペイン)が右足に痛みを感じたため棄権することを発表した。

>>アカプルコ対戦表<<

当時世界ランク1位のナダルは、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)シングルス準々決勝で当時同6位のM・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、6-3, 3-6, 7-6 (7-5), 2-6, 0-2の時点で無念の途中棄権。右足の腸腰筋上部のグレード1の負傷と診断され、全豪オープン後は休養とリハビリを続けて復帰を目指していた。

「必要なすべての処置は施されたと思う。コスメルには適応するために向かった。しかし、大会前最後の昨日の練習で、オーストラリアで患った同じ箇所に鋭い痛みを感じた。今朝病院に行ったが、それが何かはまだわからない。オーストラリアで起きた問題と同じところが痛む。もしかしたら小さなことかもしれないが、まだはっきりとわからないし、すべての検査が終わるまで結果はわからない。医者からは痛みが増すリスクがあるからプレイできないと言われた」と2005年と2013年のアビエルト・ メキシコ・テルセルの王者は明かした。

トーナメントディレクターのラウール・ズルツザは「ナダルのプロ意識と熱意を称賛したい。彼はすべての大会に熱意を持って参加してくれる。残念ながら彼は出場前に負傷してしまった」とナダルを気遣った。

ナダルに代わりラッキールーザーでダニエル太郎が急遽出場したが、世界ランク38位のF・ロペス(スペイン)に6-4, 3-6, 4-6のフルセットで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

また同日には、ツアー復帰2戦目を迎えた世界ランク26位の錦織圭が登場。同45位のD・シャポバロフ(カナダ)と対戦したが、7-6 (7-3), 3-6, 1-6の逆転で敗れ初戦敗退となった。






■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・途中棄権のナダル 全治3週間
・「考えてほしい」とナダル苦言

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年2月28日15時57分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!