- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 逆転負けで初戦敗退

男子テニスのアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は27日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク26位の錦織圭は同45位のD・シャポバロフ(カナダ)に7-6 (7-3), 3-6, 1-6の逆転で敗れ、初戦敗退となった。

>>アカプルコ対戦表<<

この試合、錦織は第1セットの第1ゲームですぐさまブレークチャンスを掴んだもののチャンスをものにできず、第4ゲームではブレークポイントを握られたがサービスキープに成功。その後も両者サービスキープが続きタイブレークとなり、錦織がポイントを重ねて第1セットを先取した。

第2セット、錦織は第1ゲームでサービスゲームを失うが、第4ゲームでブレークバックに成功。しかし、18歳のシャポバロフに第5ゲームで再びブレークを許す。第8ゲームでブレークチャンスを掴んだもののサービスキープされ、続く第9ゲームでこのセット3度目のブレークを許し、セットカウント1−1に。

ファイナルセット、錦織は序盤から3ゲーム連取される。第6ゲームでもブレークされると、その後も試合の主導権を戻すことができず、逆転で敗れた。

28歳の錦織は今年1月のニューポート・ビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポート ビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)で右手首のけがから復帰、2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝。ツアー復帰戦となったニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)は準決勝で惜しくも敗れた。

元世界ランク4位の錦織は2015年のアビエルト・ メキシコ・テルセルで決勝へ進出していた。

今大会、第2シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第3シードはティーム、第4シードはJ・ソック(アメリカ)、第5シードはK・アンダーソン(南アフリカ)、第6シードはJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、第7シードは昨年覇者のS・クエリー(アメリカ)、第8シードはJ・イズナー(アメリカ)。第1シードのR・ナダル(スペイン)は左足に痛みを感じたため棄権し、ダニエル太郎が出場する。

勝利したシャポバロフは2回戦で、第3シードのD・ティーム(オーストリア)と予選勝者のC・ノリー(イギリス)のどちらかと対戦する。






■関連ニュース

・錦織のツアー初優勝をATP特集
・錦織26位 トップ10は変動
・フェデラー 錦織は「欠かせない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年2月28日9時33分)

オススメ記事
その他のニュース

7月9日

フェデラーら 勝利の瞬間特集 (16時49分)

優勝は「自信なかった」と告白 (15時01分)

ズベレフ 独イベント欠場へ (13時47分)

3度目の検査も陰性と報告 (12時10分)

ナダル叔父 ジョコ最初の印象は (11時18分)

フェレールを招へい「興奮」 (8時33分)

ティームら勝利「雰囲気最高」 (7時39分)

7月8日

ディミトロフのプレーを特集 (18時50分)

「テニス刑事、修造」を無料公開 (16時23分)

大坂姉妹製作のマスクが完売 (12時59分)

キリオス、ティーム発言に怒り (11時54分)

ナダル 9月マドリッド出場へ (10時40分)

7月7日

フェデラー 復帰への自信語る (15時02分)

高校3年生を土居らが激励 (14時17分)

WBでマレーのレッスン 企画発表 (11時50分)

今季のランキング制度が発表 (10時59分)

選手会主催 学生参加大会を開催 (8時58分)

ティームら陰性、大会開催へ (7時32分)

7月6日

YouTube 加藤未唯と爆笑トーク (18時49分)

ポールの活躍で逆転勝ち (18時28分)

フェデラー 新シューズ販売開始 (17時21分)

「適当に選んでいませんか?オーバーグリップテープでプレーが変わるかも」 (16時13分)

ティームら8選手出場「楽しみ」 (12時34分)

UTS チチパスら4強出揃う (11時44分)

ルブレフ陰性を報告 大会出場へ (10時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!