- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

婚約者も四大大会初Vを祝福

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は13日目の27日、女子シングルス決勝が行われ、第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)が四大大会初優勝を果たした。ウォズニアッキの婚約者で元プロバスケットボール選手のデビッド・リーは、自身のインスタグラムで祝福の言葉を写真とともに投稿した。

>>錦織らダラスCH対戦表<<

>>錦織vsノビコフ 1ポイント速報<<

>>フェデラーvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>全豪オープン対戦表<<

元女王のウォズニアッキは現在世界ランク1位で第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)を7-6 (7-2), 3-6, 6-4のフルセットで下して、悲願の四大大会初優勝を飾った。

試合後の会見でウォズニアッキは「こうしてタイトルを獲得できたことが、うれしい。こんなシーズンの始め方は本当に特別。信じられない。今日はコートで、とても特別な瞬間だった」と喜びを語った。

ファイナルセットで先にブレークする展開から、ハレプにリードを許したことについては「正直、ナーバスにはなっていなかった。彼女(ハレプ)は素晴らしいプレーをしていた。自分が勝者になる日ではないかと思ってしまった。どちらが勝ってもおかしくない試合だったけど、自分に勝利が訪れて嬉しい」と振り返った。

2015年にNBAチャンピオンにも輝いた婚約者のデビッド・リーは「全豪オープンチャンピオンで世界1位に復帰!!!僕の素晴らしいフィアンセのハートと熱意に永遠の祝福を送る、人生をかけて支えることが光栄だ」とインスタグラムに綴った。

大会後に発表される世界ランキングでは、ウォズニアッキがハレプを抜き2012年1月以来6年ぶりに1位へ返り咲くことが決定している。

「新たなグランドスラム・チャンピオンになれたことと世界ランク1位になれたことは、とても良い響き。とても興奮しているし、夢が叶った瞬間」

2010年に初めて女王の座についたウォズニアッキは、四大大会でのタイトルは今回が初。2009・2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は決勝で敗れ、いずれも準優勝だった。






■関連ニュース

・ウォズニアッキ 四大大会初V
・主審に怒り「仕事お粗末」
・悲願の初V「何年も夢見た」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月28日15時56分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!