- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ノーシードから四大大会初4強

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は9日目の23日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク49位のK・エドモンド(イギリス)が第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を6-4, 3-6, 6-3, 6-4で下し、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>錦織vsノビコフ 1ポイント速報<<

>>全豪OP 男子対戦表<<

この日、エドモンドは開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)準々決勝で敗れていたディミトロフから第1セットを先取。続く第2セットを落としたが、第3セットでは1度もブレークを許さずセットカウント2−1とリードを広げる。

第4セット、勢いに乗るエドモンドは1ブレークずつで迎えた第9ゲームで再びブレークに成功し、リードを守って勝利を手にした。

準決勝では、第1シードのR・ナダル(スペイン)と第6シードのM・チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

23歳のエドモンドは今大会、1回戦で第11シードのK・アンダーソン(南アフリカ)をフルセットの末に撃破。2回戦では世界ランク60位のD・イストミン(ウズベキスタン)、3回戦で同61位のN・バシラシヴィリ(ジョージア)、4回戦で同76位のA・セッピ(イタリア)を下して準々決勝まで駒を進めていた。

エドモンドは昨年、ツアー3大会でベスト4進出を果たした。四大大会におけるこれまでの最高成績は、2016年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)4回戦進出だった。

一方、敗れたディミトロフは2年連続のベスト4進出とはならなかった。






■関連ニュース

・主審に怒り「仕事お粗末」
・灼熱の全豪 どのくらいの暑さ?
・猛暑 ジョコ「限界だった」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月23日15時38分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!