- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

15歳 全豪OP快進撃で3回戦へ

マルタ・コスチュク
3回戦進出を果たしたコスチュク
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は3日目の17日、女子シングルス2回戦が行われ、15歳で世界ランク521位のM・コスチュク(ウクライナ)が同168位のO・ロゴウスカ(オーストラリア)を6-3, 7-5のストレートで破り、四大大会初の3回戦進出を果たした。全豪オープンでは、1996年に当時15歳で8強入りしたM・ヒンギス(スイス)以来となる若さのベスト32進出となった。

>>全豪OP 男子対戦表<<

>>大坂vsヴェスニナ 1ポイント速報<<

昨年の全豪オープン・ジュニアで優勝したコスチュクは今大会の予選3試合を勝ち抜き、2002年以降生まれでは四大大会初の本戦入りを決めた女子選手となった。

そして、この日1時間29分で勝利を手にしたコスチュクは、試合後の会見で「才能があると何度も言われたし、そう思ってもいる。でも、才能だけではいい選手になれないのも分かっている。だから、ハードな練習もしている。オフシーズンは長かったし、精神的にタフだったけど、価値があるものだった」と語った。

「昨年は決勝戦をロッド・レーバー・アリーナでプレーできたのはラッキーだった。そこから大きなコートでプレーすることが、どんな感じかを知れた。最初はガチガチだった。だから苦労してしまった。サービスが1番難しい。大勢の前でプレーするのは好き」

続けて、コスチュクは幼い頃についても語った。

「テニスが嫌いではなかった。楽しめていなかった。テニスは好きで、何があっても勝ちたかった。負けた時は悲劇で、もうやりたくないと思うほど。でも、それは子どもの頃。大きくなってからは、やっと楽しめるようになった」

快進撃を見せるコスチュクは、3回戦で第4シードのE・スイトリナ(ウクライナ)と対戦する。

日本勢では18日の2回戦で大坂なおみが第16シードのE・ヴェスニナ(ロシア)と顔を合わせる。






■関連ニュース

・杉田「運がなかった」と落胆
・ジョコ 全豪ボイコット否定
・西岡組 ブライアン兄弟に敗れる

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月17日20時13分)

その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!