- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全豪初日 初戦敗退の波乱続出

ヴィーナス・ウィリアムズ
初戦で敗退した第5シードのヴィーナス
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は初日の15日、男女シングルス1回戦が行われ、第5シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)らシード勢の初戦敗退が続出した。

>>全豪OP 男子対戦表<<

>>杉田vsカルロビッチ 1ポイント速報<<

>>西岡vsセッピ 1ポイント速報<<

昨年の全豪オープン・ファイナリストであるヴィーナスは、元世界ランク7位のB・ベンチッチ(スイス)に3-6, 5-7のストレート負けを喫した。

試合後の会見では「彼女(ベンチッチ)は良いプレーをしていたと思う。自分が悪い試合をしたとは思わない」とコメントした。

元世界ランク1位のヴィーナスは、前哨戦のシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、プレミア)でも初戦でA・ケルバー(ドイツ)に敗れていた。

「2大会はタフなドローだった。そういう意味でも運が良くなかった。」

同日の1回戦では、昨年4強の第10シードのC・バンデウェイ(アメリカ)、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を果たした第13シードのS・スティーブンス(アメリカ)、2014年の全豪オープンで準優勝を飾った第24シードのD・チブルコワ(スロバキア)、第31シードのE・マカロバ(ロシア)も初戦で姿を消した。

日本勢女子では江口実沙J・フェット(クロアチア)にストレートで敗れた。第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)、第4シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第7シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)らは2回戦へ進出した。

男子では第1シードのR・ナダル(スペイン)、第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第6シードのM・チリッチ(クロアチア)、第10シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)らが初戦突破。

日本勢では杉田祐一が第8シードのJ・ソック(アメリカ)西岡良仁が第27シードのP・コールシュライバー(ドイツ)を破る番狂わせで2回戦へ駒を進めた。

第11シードのK・アンダーソン(南アフリカ)、第16シードのJ・イズナー(アメリカ)、第18シードのL・プイユ(フランス)は1回戦で敗れた。






■関連ニュース

・杉田祐一に独占インタビュー
・西岡良仁に独占インタビュー
・錦織 杉田を評価「30・20位」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月15日20時27分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!