- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ATP 杉田ら初Vを特集

杉田祐一
全米オープン時の杉田祐一
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは17日に公式サイトで、2017年にツアー初優勝を飾った4選手を紹介した。

【杉田 祐一(アンタルヤオープン)】

今年2月、世界ランク134位だった杉田祐一は7月1日に行われたアンタルヤオープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)決勝でA・マナリノ(フランス)(フランス)を6-1, 7-6 (7-4)のストレートで下してツアー初のタイトルを獲得すると同時に、大会の初代チャンピオンとなった。この優勝で、世界ランク初のトップ50入りも果たした。

翌週のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で杉田は四大大会の本戦で初勝利、W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)では自身初のマスターズ8強入り。今シーズンの世界ランキングは40位で終えた。


【ジル・ミュラー(アピア国際)】

当時33歳のG・ミュラー(ルクセンブルグ)(ルクセンブルグ)は、1月のアピア国際(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)準決勝で前年度チャンピオンのV・トロイキ(セルビア)(セルビア)を下して決勝進出。決勝ではD・エヴァンス(英国)(英国)を7-6 (5), 6-2で倒すと、妻や2人の小さい息子が見守る中で念願のツアー初優勝を飾った。

初優勝を決めた瞬間に泣き崩れたミュラーは、これまで5度決勝の舞台で敗れていた。

2016年のホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)決勝でミュラーはI・カルロビッチ(クロアチア)(クロアチア)から3本のチャンピオンシップ・ポイントを握るも取りきれず、タイトル獲得から見放されていた。

そして、今シーズンはわずか2大会目にして悲願の初優勝を果たし、レジェンドであるR・レーバー(オーストラリア)(オーストラリア)氏からトロフィーを授与された。

サウスポーのミュラーは今年のウィンブルドン4回戦でR・ナダル(スペイン)(スペイン)を破り、準々決勝進出を決めた。7月には34歳2カ月にして自己最高を更新する世界ランク21位へ浮上。


【ライアン・ハリソン(メンフィス・オープン)】

アメリカのルイジアナ州シュリーブポートで育ったR・ハリソン(アメリカ)(アメリカ)は、地元から1番近いメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、ATP250)で優勝することを夢に見ていた。

そんなハリソンは2月に出場したメンフィス・オープンで自身初のATPツアー決勝進出を決めた。決勝ではN・バシラシヴィリ(グルジア)(グルジア)に6-1, 6-4のストレートで勝利し、ツアー初優勝を成し遂げた。

この優勝でハリソンは世界ランクトップ50へ返り咲き、その後はシングルスに加えダブルスでも活躍するシーズンを送った。

シングルスでは7月のBB&Tアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)でJ・イズナー(アメリカ)(アメリカ)に敗れるも準優勝。

M・ヴィーナス(ニュージーランド)(ニュージーランド)とのダブルスは全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初優勝。ツアー最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)では準決勝へ進出した。


【ボルナ・チョリッチ(ハッサン2世グランプリ)】

当時20歳のB・チョリッチ(クロアチア)(クロアチア)は4月に行われたハッサン2世グランプリ(モロッコ/カサブランカ、レッドクレー、ATP250)決勝でP・コールシュライバー(ドイツ)(ドイツ)に5本のチャンピオンシップ・ポイントを握られていた。しかし、このピンチを切り抜けてツアー初のタイトルを獲得した。

チョリッチは2016年のこの大会でも決勝へ進んでいたが、F・デルボニス(アルゼンチン)(アルゼンチン)に敗れた。また、同年1月の開幕戦チェンナイ・オープン(インド/チェンナイ、ハード、ATP250)決勝でもS・ワウリンカ(スイス)(スイス)に屈してタイトル獲得を逃していた。

今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でチョリッチは、当時世界ランク1位のA・マレー(英国)(英国)らに勝利してベスト8入り。今季新設された21歳以下の最終戦 ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ ミラン、室内ハード)では4強へ進出し、シーズンを締めくくった。






■関連ニュース■

・珍事 猫がコート乱入で中断
・ラケット4本破壊で初戦敗退
・ATP 杉田ら初Vを特集
(2017年12月18日16時58分)

その他のニュース

7月19日

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!