- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

GS対決1位 フェデラーvsナダル

ナダル、フェデラー
(左から)ナダルとフェデラー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは7日、公式サイトで2017年シーズンのグランドスラムでのベストマッチ トップ5の1・2位を発表。1位は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝のR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)戦となった。

【1位:全豪オープン決勝 ロジャー・フェデラー vs ラファエル・ナダル】

フェデラーとナダルがグランドスラムの決勝戦で顔を合わせたのは、実に6シーズンぶりとなった。加えて2016年は両者ともけがに泣かされ、そのけがから復帰して臨んだ最初のグランドスラムだった。

フェデラーは2016年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を最後にツアーから離脱。2017年もエキシビション以外は試合をしておらず、本人もファンも決勝へ勝ち上がれるとは予想していなかった。

フルセットにもつれた決勝戦、ファイナルセットは序盤からナダルにゲームカウント3−1とリードを許したが、フェデラーはそこから5ゲームを連取する猛攻を見せ、6-4, 3-6, 6-1, 3-6, 6-3で勝利。自身のグランドスラム最多優勝回数を18へ伸ばした。

グランドスラムの決勝戦でフェデラーがナダルを下して優勝したのは、2007年のウィンブルドン以来。35歳174日でのグランドスラム優勝は、1972年のK・ローズウォール(オーストラリア)以来の最年長優勝となり、勝利が決まった瞬間は涙をこらえられずにいた。

さらに、この勝ち上がりは1982年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で頂点に立ったM・ビランデル(スウェーデン)以来2人目となる4人のトップ10選手を下してのタイトル獲得となった。


【2位:全米オープン4回戦 ファン・マルティン・デル=ポトロ vs ドミニク・ティーム】

2位にランクインしたのは、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)4回戦でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)D・ティーム(オーストリア)を1-6, 2-6, 6-1, 7-6 (7-1), 6-4の逆転で下した試合。

第1・第2セットではティームがデル=ポトロを圧倒し、そのまま勝利をおさめるかに思われた。わずか1時間ほど2セットダウンとなったデル=ポトロは、風邪を引いて体調を崩していた。

しかし、駆けつけたアルゼンチンファンからの大きな声援がデル=ポトロを後押し。徐々に試合の流れが変わっていった。大声援の会場で、2009年覇者のデル=ポトロがバックハンドからも攻撃。

ティームはベースラインのはるか後方へ下げられる展開となった。

第4セットでは再びティームにチャンスが到来。序盤でブレークを許すも、そこから4ゲームを連取する反撃を見せ、ゲームカウント5−3からサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。

しかし、30−0とリードしたがそのゲームをサービスキープできなかったティームは、第12ゲームのデル=ポトロのサービスゲームで2本のマッチポイントを手にしながらも取りきれなかった。迎えたタイブレークは、一方的な展開でデル=ポトロがものにし、勝敗の行方はファイナルセットへ。

そして、第10ゲームのティームのサービスゲームでデル=ポトロがマッチポイントを握り、ティームがまさかのダブルフォルトを犯してゲームセット。デル=ポトロは3時間35分の見事な逆転劇を演じた。






■関連ニュース■

・黄金対決 フェデラーとナダル
・フェデラー 複ナダルにご満悦
・フェデラー 錦織は「欠かせない」
(2017年12月7日21時02分)

その他のニュース

10月23日

【告知】錦織vsティアフォー (7時39分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!