- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

最終戦Vに涙 苦しい時期明かす

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は大会最終日の19日、シングルス決勝が行われ、初出場ながら全勝で初優勝を飾ったG・ディミトロフ(ブルガリア)が、試合後の会見で「今シーズンを振り返ると、ここでプレーするに値すると思うが、ここまでのことはイメージできなかった」とコメントした。

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

「決勝戦まで勝ち上がり、全勝で終えるなんて。シーズンの最後で最高の試合だった」と語った第6シードのディミトロフはこの日、第7シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦。激闘の末、最後はゴファンのバックボレーがネットにかかり、2時間30分の激闘に終止符が打たれた。

ATPファイナルズで、初出場からタイトルを獲得したのは、1998年のA・コレッジャ(スペイン)以来19年ぶりの快挙となった。

勝利が決まった瞬間、ディミトロフはその場に倒れ込んで肩を震わせ、起き上がった時には目に涙を浮かべていた。

「ただ溢れてきていた。それだけ。特別な大会だからかも。ここでプレーするチャンスさえ・・・」

26歳のディミトロフは2014年7月に初のトップ10入りを果たし、以降も上位をキープし続けていたが、2015年7月以降からツアー大会で思うような結果を残せず、一時は世界ランクを40位台まで落としていた。

「あの時はどうやって3回連続でボールを相手コートに返すかなどを考えていた。自分的にはあの時期が役立ったと思う。6、7カ月くらい苦しい時期を過ごした。それに感謝している。」

今季に入ってからは、開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン 、ハード、ATP250)で錦織圭を破って優勝を飾ると、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では大会初の4強入り。W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)ではマスターズ初のタイトルを獲得するなど、好調を維持していた。

「トップへ行きたいと思うなら、近道などない。全てを捧げてきた。今年は本当に多くの練習を積んだと思う。ちょっとした休みをとるべきところでもそれを犠牲にしてきた。それが今、実を結んだ。」

苦しい時期を糧に、自身初のビッグタイトルを獲得したディミトロフ。最後に「今はチームと共に腰を据えてシーズン全体を振り返り、何が良くて何を改善させられるかを話し合いたい。もちろん、目標の1つはグランドスラムでの優勝。それは長年の夢。それが徐々に近付いていると感じている」と、今後について語っていた。

アシックス




■関連ニュース■

・ディミトロフ 公の場でキス
・ゴファン ディミトロフに脱帽
・ディミトロフ「本当に光栄」
(2017年11月20日15時23分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!