- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒンギス 3度目の現役生活に幕

女子テニスの最終戦であるBNPパリバ WTAファイナルズ・シンガポール(シンガポール、室内ハード)は28日、ダブルス準決勝が行われ、M・ヒンギス(スイス)/ チャン・ユンジャン(台湾)組はT・バボス(ハンガリー)/ A・フラヴァコバ(チェコ)組に4-6, 6-7 (5-7)のストレートで敗れた。この結果、ヒンギスの3度目の現役生活に幕が下りた。

37歳のヒンギスは、26日に自身のフェイスブックで「シンガポールでの最後の試合が終わったら」引退すると明かしていた。

1994年にプロへ転向したヒンギスは、16歳6カ月でシングルス世界ランク1位へ上り詰めた。2002年に現役を引退し、2006年に復帰。しかし、2007年にはコカインの陽性反応で2年間の出場停止処分が下されると同時に2度目の引退を発表。その後、2013年に3度目の現役生活をスタートさせていた。

ヒンギスは26日の投稿で「これは、さよならではありません。これまでを見ても分かる通り、長くテニスから離れることはできない。これから先にどんな新しいチャンスやチャレンジが待っているか、とても楽しみにしている」と綴っており、これまでの引退後と同じようにこれからもテニスに携わっていくことが期待される。

ヒンギス/ ユンジャン組に勝利したバボス/ フラヴァコバ組は、決勝でK・ベルテンス(オランダ)/ J・ラーソン(スウェーデン)組と対戦する。ベルテンス/ ラーソン組は準決勝で第2シードのE・マカロバ(ロシア)/ E・ヴェスニナ(ロシア)組を破っての勝ち上がり。






■関連ニュース■

・ヒンギス 3度目の現役引退へ
・ヒンギス 錦織は「武器が必要」
・フェデラー 同胞の引退試合観戦
(2017年10月29日11時48分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!