- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界83位 激闘制し全米初4強

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク83位のS・スティーブンス(アメリカ)が第16シードのA・セバストバ(ラトビア)との激闘を6-3, 3-6, 7-6 (7-4)のフルセットで制し、大会初のベスト4進出を果たした。

>>クエリーvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

この日、第1セットを先取したスティーブンスだったが、続く第2セットではドロップショットなど巧みなショットで徐々にペースを掴んできたセバストバに押され、セットカウント1−1となる。

その後、ファイナルセットでは一進一退の攻防が続き、タイブレークでも激しいラリー戦が展開されるが、最後は地元の声援を一身に受けたスティーブンスが取りきり、勝利を手にした。

準決勝では、第9シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)と第13シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

24歳のスティーブンスは2013年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でS・ウィリアムズ(アメリカ)を破って4強入りを果たし、同年には世界ランク11位を記録した実力者。しかし、以降は怪我に苦しみ、一時は900位台までランキングを落としていたが、現在は83位まで浮上している。

今大会は、1回戦でR・ビンチ(イタリア)、2回戦で第11シードのD・チブルコワ(スロバキア)、3回戦でA・バーティ(オーストラリア)、4回戦で第30シードのJ・ゴルゲスを下しての勝ち上がりだった。

一方、現在27歳のセバストバは病気や怪我に悩まされて2013年に現役を引退。その後、2015年に現役へ復帰を果たし、今年7月には自己最高の世界ランク16位を記録した。

今大会は、4回戦で主催者推薦で出場のM・シャラポワ(ロシア)をフルセットで制して2年連続の準々決勝進出を決めていた。






■関連ニュース■ 

・シード撃破で全米OP初8強
・侮辱発言 罰金と全米出場停止
・シャラポワ 敗退も最高の経験
(2017年9月6日6時25分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!