- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

GS混合複覇者、引退を発表

女子テニスで元世界ランク31位で2009年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ベスト8進出を果たしたM・ウダン(アメリカ)が18日、自身の公式ツイッターで現役引退を発表した。

25歳のウダンは、2012年のAEGONクラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTAプレミア)で予選から出場し、決勝で元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)をストレートで破りツアー初優勝。

2011年の全米オープンではJ・ソック(アメリカ)とペアで挑んだミックスダブルスで四大大会初タイトルを獲得した。

アメリカの新星と期待されていたウダンだったが、近年は怪我や病気が相次いで度々ツアー離脱を余儀なくされ、2014年には心臓の手術を受けていた。

ツイッターへ綴られた文は以下の通り。

-------------------------------

皆さんへお伝えしたいことがあります。

私がテニスを始めたのは7歳の時でした。そして、9歳の時にプロテニス選手になりたいという想いがあるのを知りました。どれほどの努力と犠牲が必要かなどとは全く知らないでいましたが、本当にそれを望み、その目標を達成するために全てを注ぎました。夢は全米オープンのような世界で一番好きな大会でプロとしてプレーすることでした。

2008年にプロになってからこれまでの9年間は、その夢だったプロとしての生活を送ることが出来たのは本当にラッキーでした。残念ながら2012年の終わり頃から、数々の健康問題と怪我に苦しめられてしまい、しばらくツアー離脱を余儀なくされながらも復帰へ向けて努力をしていましたが、また新たな問題が発生してしまったのです。

これまでの5年ほどは、肉体的にも精神的にもかなりの負担を背負わされました。ベストな状態で世界で戦うには万全の状態で臨まなければなりません。肉体的にも精神的にも100パーセントでなければとても難しいのです。

たくさん考えた結果、プロテニス選手から引退するという難しい決断を下しました。

テニスは本当に多くのことを与えてくれて、非常に感謝しています。望んでいたようなプロテニス人生ではありませんでしたが、人生というものは計画したようにはいかないものです。友達、家族、コーチ、トレーナー、理学療法師、スポンサーそして私のエージェントに対しては、これまで共に努力を続けてくれたことにこれからも感謝の気持ちで一杯です。

競技を必ず恋しく思うでしょうが、テニス人生が私に与えてくれた数多くの素晴らしい思い出を忘れることはないでしょう。これまでのテニス人生を通して、どれほど心を込めて戦ってきたかということには、とても誇りに思っています。

テニスからもらった沢山の素晴らしい思い出は、今後一生忘れないでしょう。アメリカ代表としてフェドカップで戦ったこと、全米オープンでのベスト8進出、グランドスラムでのミックスダブルス優勝、芝の大会でのWTAツアー優勝。

テニスというスポーツに7歳の時に恋に落ちてから、心の中では常に特別な存在でした。それほど大好きなテニスから去ることはとても悲しい気持ちです。

でも、これからの将来がどんなものになるかということに対してはとても前向きな気持ちです。最後に、テニス人生をずっとそばで支えてくれた全てのファンの方々へありがとうと言いたいと思います。これまでのサポートには本当に感謝しています。今後についても皆さんには常にお伝えしていきます。

-------------------------------






■関連ニュース■ 

・23歳ウダン 心臓の再手術へ
・拍手喝采 地元で現役引退
・引退発表 元世界10位モナコ
(2017年8月20日12時16分)

その他のニュース

10月17日

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!