- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

準Vハレプ 快挙の20歳を称賛

シモナ・ハレプ
準優勝に終わったハレプ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、女子シングルス決勝が行われ、20歳のJ・オスタペンコ(ラトビア)に6-4, 4-6, 3-6の逆転で敗れ、四大大会初優勝にあと一歩届かなかった第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)が試合後の会見で「良い大会だった。彼女(オスタペンコ)は本当に良いプレーをして優勝に値する」とコメントした。

>>ワウリンカvsナダル 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

世界ランク4位のハレプは今大会、初戦でJ・セペロヴァ(スロベニア)、2回戦でT・マリア(ドイツ)、3回戦で第26シードのD・カサキナ(ロシア)、4回戦で第21シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)、準々決勝で第5シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、準決勝で第2シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を下して決勝に進出。

オスタペンコとの決勝では序盤から試合の主導権を握り、第1セットを先取。悲願のグランドスラム初優勝まで3ゲームに迫ったが、徐々に調子を上げたオスタペンコに逆転を許して準優勝に終わった。もし優勝していた場合、世界ランキングで自身初の1位へ浮上することが確定していた。

試合を振り返ったハレプは「(オスタペンコは)とても強いボールを打っていた。ある瞬間では、自分がコートにいる観客のようになっていた感じだった。とても辛い瞬間でもあったが、時間が経てば消えてくれると願っている。」

「自分は良いプレーをしていたと思う。ある時はちょっと運もあった。ラインをかすめたり、ネットインだったり。全てが彼女の方に運があったように思う」と話した。

3年前の2014年、ハレプは1セットも落とすことなく決勝に進出。しかし、当時世界ランク8位だったM・シャラポワ(ロシア)にフルセットで敗れて初優勝を逃していた。

最後に、2014年大会と優勝候補として臨んだ今大会での敗戦の違いについて記者に問われたハレプは「試合前に優勝候補とは思っていなかった。相手は若い選手でどんどん打ってくる選手だから誰にもそれは分からない。今年の方がより傷付いている。なぜなら、3年前は全てが初めてだった。ただ時間が癒してくれると思う」と締めくくった。

一方、ツアー初優勝をグランドスラムで飾ったオスタペンコは、ラトビア人の男女を通じて初の四大大会制覇を成し遂げた。






■関連ニュース■ 

・錦織、痛感した全仏頂の高さ
・錦織 ラケット破壊を語る
・快挙の20歳 目標は生涯GS
(2017年6月11日16時18分)

その他のニュース

10月20日

【告知】杉田vsデル=ポトロ (22時41分)

全日本選手権 20日予選結果 (22時32分)

佐藤久真莉、複で決勝進出 (21時08分)

清水/田島組 決勝進出ならず (20時37分)

ダニエル太郎、綿貫陽介破る (18時42分)

【1ポイント速報】ダニエルvs綿貫 (18時41分)

キリオス けがで今季終了へ (14時37分)

荒れ模様 第1シードも初戦敗退 (13時31分)

NB決勝大会進出者決まる (12時01分)

今季終了を報告「申し訳ない」 (11時00分)

惜敗マクラクラン組 4強ならず (10時34分)

杉田祐一、準々決勝はデルポ (7時25分)

鈴木貴男のTENNIS TALK第4弾 (7時00分)

10月19日

清水悠太らスーパーJr8強 (22時28分)

杉田、苦戦も元世界8位を撃破 (21時03分)

【1ポイント速報】杉田vsバグダティス (21時00分)

連敗脱出 4年連続の準々決勝へ (17時51分)

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

10月17日

シャラポワ 前週Vも初戦敗退 (23時15分)

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!