- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ラケット破壊を語る

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は4日、男子シングルス3回戦が行われ、3年連続4度目のベスト16進出を果たした第8シードの錦織圭は試合後の会見で、前日にラケットを破壊してしまったことについて「シンプルに(第3)セットを落としたのと、(第4セットで)2回ブレークされたので、それなりのイライラはたまってました」と述べた。

>>錦織vsベルダスコ1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

3日、錦織は攻撃的なテニスで2セットを連取するも、第3セットはタイブレークの末に落としてしまう。さらに第4セットは第1ゲームでサービスゲームを落とすと、第3ゲームもブレークされてしまい、苛立ちからラケットを地面に叩きつけてしまった。

その後は雨の悪天候により翌日へ順延。

迎えた4日、錦織は第4セットをあっさり落としてしたが、ファイナルセットでは世界ランク9位の意地を見せ、チャン・ヘヨンとの2日間にわたる激闘を7-5, 6-4, 6-7 (4-7), 0-6, 6-4のフルセットで制した。

「昨日は大事なところでミスが多かった。1番はリターンミス。イージーミスが出てしまうところは、まだまだ。リターンが入っていれば、もうちょっとスムーズに進んだと思う」と錦織は課題をあげた。

4回戦では、世界ランク37位のF・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。ベルダスコは3回戦で第22シードのP・クエバス(ウルグアイ)をストレートで下しての勝ち上がり。






■関連ニュース■ 

・錦織、右肩の治療で流れ傾く
・錦織、珍事で主審に抗議
・錦織 驚異のズベレフに太鼓判
(2017年6月5日11時01分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!