- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 棄権の理由、次週は?

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は12日に公式ツイッターで、第6シードの錦織圭の会見模様を公開した。

>>錦織らBNLイタリア国際対戦表<<

>>ジョコvsナダル 1ポイント速報<<

この日、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)とのシングルス準々決勝を予定していた錦織は、右手首の負傷を理由に棄権を発表し「大会を欠場するのは常にタフな決断で、特に今大会のようなビッグ・ステージではより一層のこと。」と心境を述べた。

3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で負った右手首の不安を抱える中、5年連続ベスト8進出を果たした錦織は「それでも数週間前より、手首は良くなってきていることに嬉しく思っている。ここでも簡単な相手ではない選手と2試合をすることが出来た」と手応えを得ていた。

次週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)の出場については「怪我は徐々に回復しているから、これからの数日は前向きに考えたい。今後も出来る限りの努力をして、来週の大会に出場出来るようにしたい」とコメントした。

BNLイタリア国際に第7シードで出場予定の錦織は、初戦の2回戦で世界ランク30位のD・フェレール(スペイン)と同38位のF・ロペス(スペイン)の勝者と対戦する。

シード勢が順当に勝ち進むと、3回戦で第10シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、準々決勝で第2シードのジョコビッチか第15シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する組み合わせ。






■関連ニュース■ 

・錦織 ジョコより自身に危機感
・錦織16位へ後退 最終戦ランク
・錦織 右手首「酷くなった」
(2017年5月13日10時53分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!