- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

山口藍、逆転で2連覇に王手

ニュージェネレーションテニス
(左から)山口藍と大坪花
画像提供: tennis365.net
テニスの第3回JPTA ALL JAPAN JUNIOR TENNIS TOURNAMENT(福岡/桃園庭球場、オムニ) 14歳以下女子の部は17日、シングルス準々決勝・準決勝が行われ、第1シードの山口藍(RKKルーデンスTC)と大坪花(ファインヒルズTC)が決勝進出を果たした。

昨年大会優勝の山口は、第1セットを落とす苦しい展開から、粘る藤永笑子(長崎ゼロックスTC)をストロークで左右に走らせ、2-6, 7-5, 6-2の逆転勝ちで2連覇に王手をかけた。



藤永笑子


第2シードの中島玲亜(テニスクラブART)と対戦した大坪は、1ゲームしか奪うことが出来ず第1セットを落としたが、強打の中島を相手に粘り強くポイントを重ね、1-6, 6-3, 6-2の逆転で勝利して決勝進出を果たした。



中島玲亜


決勝は、18日の9時から福岡県北九州市の穴生ドームで行われる。

今大会は、昨年11月に逝去した日本プロテニス協会名誉顧問の石黒修氏の追悼大会として開催されており、全国20会場での予選大会を勝ち抜いた選手が出場している。

昨年の決勝では、山口が喜田若菜(屋島テニスクラブ)を6-2, 6-4のストレートで下して優勝を飾った。

17日の試合結果は以下の通り。

【準決勝】

山口藍(RKKルーデンスTC) 2-6, 7-5, 6-2 藤永笑子(長崎ゼロックスTC)

大坪花(ファインヒルズTC) 1-6, 6-3, 6-2 中島玲亜(テニスクラブART)


【準々決勝】

山口藍(RKKルーデンスTC) 6-0, 6-0 宮城利佳(西原中学校)

藤永笑子(長崎ゼロックスTC) 6-4, 6-2 中川原凛(グローバルアリーナ)

石川こころ(石川TS) 2-6, 3-6 大坪花(ファインヒルズTC)

梶野桃子(ラケットパルテニスクラブ) 2-6, 5-7 中島玲亜(テニスクラブART)






■関連ニュース■ 

・全日本Jr 伊藤が松田下しV
・全国選抜Jr 2日目14才結果
・錦織に追い風 シード2選手敗退
(2017年2月17日19時09分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!