- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

穂積絵莉 四大大会初の本戦入り

穂積絵莉
四大大会初の本戦を決めた穂積
画像提供: tennis365.net
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は14日、女子シングルス予選決勝が行われ、世界ランク217位の穂積絵莉がV・トモバ(ブルガリア)を7-5, 6-2のストレートで下し、四大大会初の本戦出場を果たした。

>>全豪OP 女子対戦表<<

この試合、穂積は4度トモバのサービスゲームを破り、最後まで挽回の隙を与えずに1時間41分で勝利した。

現在22歳の穂積は、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)予選で四大大会初の予選3回戦まで駒を進め、本戦まであと1勝まで迫ったが惜しくも本戦入りとはならなかった。

今回は予選1回戦でT・ジダンセック(スロバキア)、予選2回戦でV・グラマティコプル(ギリシャ)をいずれもストレートで下しての勝ち上がりだった。

その他の日本勢女子は加藤未唯青山修子澤柳璃子森田あゆみが予選1回戦、桑田寛子は予選2回戦で敗れた。

また、この日は男子シングルス予選決勝も行われ、守屋宏紀は逆転を許して本戦入りを逃すも、予選第29シードの添田豪が2時間超えの接戦を制して2年ぶりの本戦出場を決めた。

本戦には、男子から第5シードの錦織圭西岡良仁、女子から土居美咲大坂なおみ奈良くるみ日比野菜緒尾崎里紗がストレートインとなっている。






■関連ニュース■ 

・穂積絵莉、全豪OP予選決勝へ
・桑田寛子 穂積との決勝ならず
・添田豪、全豪OP本戦決める
(2017年1月14日14時01分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!