- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

慶大 押野紗穂 課題はメンタル

押野紗穂
インカレ時の押野紗穂
画像提供: tennis365.net
慶應義塾大学テニス部2年生の押野紗穂は今オフ、tennis365.netのインタビューに応じ、2016年シーズンを振り返った。

押野は、つくば国際大学東風高校(茨城)の出身。小柄ながらもパワーのあるストロークを武器に慶應義塾大学の主力として活躍している。2016年の全日本学生テニス選手権(インカレ)ではシングルスでベスト8入り、全日本学生室内テニス選手権大会(インカレ室内)では、本戦2回戦進出を果たした。

大学テニス2年目のシーズンを振り返り「悔しい思いをした1年だった」と反省から語り始めた押野。「ITFや学生大会以外の試合でも、プロの人に勝ったりして、今年やっと世界ランキングに入ることができた。そこは大きかったが、ファイナル(セットでの)負けがすごく多かったので、そこはメンタル面とか技術を上げていけば、ランキングも上げていけたり、もっと上の結果が出ると思う。目の前の1球に集中するということができれば来年に繋がると思った。悔しい年ではあったが、課題は明確になってきたと思う」と前向きなコメント。

今季1番記憶に残っている試合については、ゴーセンカップ・スウィングビーチ牧之原国際レディース オープンテニストーナメント(静岡/静波リゾート・スウィングビーチ 、砂入り人工芝)の本戦1回戦、M ・フレッチ(ポーランド)と挙げた。その理由については「ファーストセットをとって、セカンドセットも5−2でマッチポイントが5、6本あって、そこを取りきれなくて負けてしまった。自分のメンタル面の課題が大きく出てしまった試合」と振り返った。

今回、上杉海斗、韓成民、江代純菜、押野にインタビューを行ったが、学生大会以外の対戦を挙げたのは押野ただ一人だった。





2017年は「チームとして、慶應で団体戦で日本一になるというのを達成したい。それには自分がチームを引っ張るという自覚と、エースになって、試合に出たら絶対1本取ってくるという存在になりたい」

「(2016年に世界ランキング入りして)予選に入ることができる(試合も増える)と思う。3月は女子の慶應チャレンジャーがあって、(開催が)ホームコートなので優勝するという気持ちを持ってタイトルを狙っていきたい。どんどんランキングをあげて学生大会の個人戦でも、飛びぬけられるような存在になりたい。メンタル面の課題と、自分から展開するということにもっと磨きをかけたい」と力強く話した。






■関連ニュース■ 

・大学王座 女子結果一覧
・林恵里奈、悲願の日本一
・林恵里奈、インカレ初優勝
(2017年1月10日20時01分)

その他のニュース

2月23日

ラオニッチ、ソックら8強 (18時03分)

18歳の清水映里 ベスト8進出 (16時51分)

ティエム8強 大会初Vに前進 (14時25分)

17歳が第4シード下す金星 (13時28分)

21歳の新鋭 ペールに競り勝つ (12時52分)

西岡良仁 2年ぶり8強ならず (12時16分)

【1ポイント速報】西岡vsジョンソン (12時15分)

怒り爆発 壁にラケット刺さる (11時00分)

ケルバー 金メダリストに快勝 (9時00分)

キリオス 2連覇へ向け前進 (8時15分)

荒川晴菜ら シード勢8強 (7時05分)

2月22日

不調 3大会連続で初戦敗退 (21時44分)

錦織らシード初戦敗退の波乱 (21時02分)

綿貫陽介 シード逆転で破る (20時18分)

内山が8強、伊藤は途中棄権 (17時42分)

フェレール初戦敗退 今季3度目 (17時04分)

錦織破り金星ベルッチが喜び (15時07分)

大坂なおみと土居美咲は敗退 (12時59分)

ズベレフ 2週連続の初戦敗退 (12時03分)

錦織 不満爆発でラケット折る (11時33分)

【速報】錦織敗退 ラケット破壊 (8時59分)

【1ポイント速報】錦織vsベルッチ (8時58分)

2月21日

錦織出場 リオ無料ライブ配信 (22時01分)

錦織リオ入り 同日シード敗退 (21時25分)

伊藤竜馬、日本人対決制す (21時06分)

シモン 逆転で2年ぶり2回戦へ (20時16分)

守屋宏紀、初戦突破ならず (19時07分)

デルポ 今年初の公式戦へ (17時04分)

土居美咲 初の2回戦進出 (15時56分)

サンティラン晶 初勝利ならず (14時18分)

西岡良仁 2年ぶり初戦突破 (11時35分)

2月20日

錦織 リオ初戦は地元ベルッチ (21時18分)

綿貫陽介、接戦制し初戦突破 (19時18分)

早稲田大学庭球部の今後 (18時44分)

錦織撃破ドルゴポロフ50位へ (17時33分)

錦織5位 20日付世界ランク (15時05分)

ダニエル敗退 錦織第1シード (11時59分)

サンティラン晶 ベッカー破る (11時20分)

ハリソン、メンフィスで初V (10時51分)

ツォンガ逆転勝利 今季初V (8時19分)

大坂なおみが初戦突破 (5時32分)

【速報】錦織 今季初V逃す (3時57分)

【1ポイント速報】錦織vsドルゴポロフ (3時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!