- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダックワース 2週連続V王手

ダックワース
決勝進出を決めたダックワース
画像提供: tennis365.net
男子テニスの下部大会である兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード)は12日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク130位で第7シードのJ・ダックワース(オーストラリア)が同151位で第6シードのイ・ダクヒ(韓国)を7-6 (7-2), 6-4のストレートで下し、決勝進出を果たした。

この試合、強烈なサービスで圧倒するダックワースに対して、ダクヒも緩急をつけたショットで対抗し、第1セットは両者サービスキープのままタイブレークに突入。その後、ポイント連取に成功したダックワースが7−2で制し、このセットを先取する。

第2セット、第2ゲームでデュースが続く中サービスキープしたダックワースは1度のブレークに成功。最後はダクヒのバックハンドがサイドラインをわり、ダックワースが1時間29分で勝利した。



惜しくも敗れたイ・ダクヒ


決勝では、第4シードの添田 豪(GODAIテニスカレッジ)と第5シードのH・チャン(韓国)の勝者と対戦する。

ダックワースは今季、フューチャーズ大会で1勝、チャレンジャー大会では前週にオーストラリアで行われた大会で2勝目をあげている。

今大会は1回戦で今井 慎太郎(東通産業)、2回戦でJ・P・スミス(オーストラリア)、準々決勝でL・ロコリ(フランス)を下して準決勝へ駒を進めている。

一方、敗れたダクヒは今大会1回戦でキム・チョンウィ(韓国)、2回戦で綿貫 陽介(グローバルプロテニスアカデミー)、準々決勝で内山 靖崇(北日本物産)を下しての勝ち上がりだった。






■関連ニュース■ 

・今井 慎太郎、善戦も初戦敗退
・綿貫 陽介 同世代対決に敗れる
・添田ら 兵庫ノア4強出揃う
(2016年11月12日13時55分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!