- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 3回戦は過去5勝ツォンガ

男子テニスのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は2日、シングルス2回戦が行われ、第11シードのJW・ツォンガ(フランス)が世界ランク26位のA・ラモス=ヴィノラスを6-3, 6-4のストレートで下してベスト16進出を果たした。この結果、第5シードの錦織圭は3回戦でツォンガと対戦することが決まった。

>>BNPパリバ・マスターズ対戦表<<

3回戦でツォンガと対戦する錦織は、初戦の2回戦でV・トロイキ(セルビア)をストレートで下してベスト16進出を果たすと同時に、2007年にプロ転向してからツアー通算300勝を達成した。前週のスイス・インドア(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)は準優勝に終わるも、世界ランキングでは自己最高タイとなる4位を記録した。

錦織とツォンガは今回が8度目の対戦で、錦織の5勝2敗。今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)4回戦以来の対戦で、その時は錦織がストレートで勝利している。パリ・マスターズでは今回が3度目。

ツォンガは2008年のパリ・マスターズ決勝で元世界3位のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)を破って大会初優勝、2011年はR・フェデラー(スイス)に敗れ2度目のタイトル獲得を逃した。前週のエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)では今シーズン初のツアー決勝進出を果たすも、A・マレー(英国)に敗れた。

マスターズ初優勝を狙う錦織は今年のマイアミ・オープン(アメリカ/ マイアミ、ハード、ATP1000)とロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で決勝へ進出したが、いずれも世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に阻まれた。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、錦織は第4シードのM・ラオニチ、準決勝で第2シードのマレーと対戦する組み合わせ。






■関連ニュース■ 

・錦織 通算300勝達成
・錦織らパリ組み合わせ発表
・錦織 ぶっちぎりの1位
(2016年11月3日0時35分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!