- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織敗退 楽天OP日本勢全滅

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)は5日、シングルス2回戦が行われ、2年ぶり3度目の優勝を狙った第1シードの錦織圭は世界ランク34位のJ・ソウサ(ポルトガル)と対戦したが、第1セットの第8ゲーム途中で臀部の痛みにより棄権を余儀なくされた。錦織が楽天ジャパン・オープンでベスト8を前に姿を消すのは、2011年以来5年ぶり。

>>楽天OP対戦表<<

今大会に万全の状態で臨んだ錦織は、鋭いストロークでソウサを圧倒し、ゲームカウント3−0とリードする。しかし、第3ゲームを終えた時点でトレーナーを呼んで治療を受け、険しい表情を見せていた。

続く第4ゲームはサービスキープしたが、そこから思うように体を動かすことが出来ない錦織は、3ゲームを連取される。そして、第8ゲームの途中でプレー続行が不可能となり、棄権を申し入れた。

今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では、M・チリッチ(クロアチア)との4回戦で左脇腹の痛みにより途中棄権。

その後は、ロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で準優勝、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で日本勢96年ぶりの銅メダル、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト4進出と好成績を残し続けた。しかし、今大会2回戦では思わぬ怪我に見舞われてしまった。

また、錦織が敗退したことで、日本勢は単複で全滅となった。






■関連ニュース■ 

・錦織「なんで俺をセンターに」
・キリオス 錦織を称賛「トップ」
・錦織 チャレンジ「機械壊れてる」
(2016年10月6日7時30分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!