- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 五輪準々決勝は世界11位

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は11日、テニスの男子シングルス3回戦が行われ、第6シードのG・モンフィス(フランス)が第9シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-7 (6-8), 6-3, 6-4の逆転で下して8強入り。この結果、第4シードの錦織圭はベスト4進出をかけて、準々決勝で世界ランク11位のモンフィスと対戦することが決まった。

>>男子シングルス対戦表<<

両者は今回が3度目の対戦で、過去は錦織の2連勝。今年のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準々決勝ではマッチポイントをしのぎ、錦織が逆転で勝利した。

今シーズン好調のモンフィスは、4月のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、ATP1000)でマスターズ初の決勝進出、7月のシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)では約2年半ぶりのツアー優勝を果たした。

今大会は1回戦でV・ポスピシル(カナダ)、2回戦でR・デュトラ・シルバ(ブラジル)、3回戦でチリッチを下しての勝ち上がり。

一方、錦織は1回戦でA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、2回戦でJ・ミルマン(オーストラリア)、3回戦でA・マーティン(スロバキア)に勝利し、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)に続き五輪2大会連続のベスト8進出を決めている。

日本テニスのシングルスでのメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で熊谷一弥が獲った銀メダルが最後で、錦織は96年ぶりのメダルを狙う。

錦織とモンフィスの勝者は準決勝で、第2シードのA・マレー(英国)と第12シードのS・ジョンソン(アメリカ)のどちらかと対戦する。






■関連ニュース■ 

・錦織 五輪初戦でハプニング
・錦織ブロックのシード棄権
・ジョコとの五輪初戦前に事件
(2016年8月12日5時10分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!