- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

清水綾乃が全仏Jr本戦に挑戦

テニスの全仏オープン・ジュニア2016の本戦出場権をかけた「全仏オープン・ジュニア2016 ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES パリ決勝大会」(フランス/パリ、レッドクレー)は21日、女子シングルス決勝が行われ、第4シードの清水綾乃が第3シードの佐藤久真莉との日本人対決を6-4, 6-2のストレートで制して初出場で優勝を飾り、本戦への切符を手にした。

今大会は20・21日の2日間にわたり、フランス・パリ市近郊名門クラブACモンルージュおよびローラン・ギャロス(全仏オープン会場)にて実施された。



名門クラブACモンルージュ


各国(日本、韓国、中国、ブラジル、インド)の予選を勝ち抜いた5名と各国準優勝者でランキング上位者1名の6名、男女12選手が出場し、大会初日(20日)に男女2組ずつに分けた予選リーグ、そして2日目(21日)に全仏オープンの舞台でもあるローラン・ギャロスにて、全仏オープン・ジュニア2016をかけた決勝戦が行われた。



予選を勝ち抜いた各国の選手達


20日、女子は予選リーグから日本予選を勝ち抜いた清水綾乃(18歳/群馬県)と、日本予選で準優勝に終わったものの各国準優勝者の中でITFランキング上位者となりパリ決勝大会にコマを進めた佐藤久真莉(14歳/茨城県)が、決勝戦へ進出。

男子は、日本予選決勝を制した田島尚輝(15歳/東京都)が、予選リーグ1戦目で勝利するも続く2戦目で敗れ、惜しくも決勝進出とはならなかった。

21日、ローラン・ギャロスのコート6に戦いの場を移し、日本人対決の女子決勝戦が行われた。

第1セットは清水が先取し、続く第2セットでは5ゲームを連取。第6ゲームでは粘る佐藤にブレークバックを許すも、最後は清水がサービスキープして優勝、見事全仏オープン・ジュニア2016への切符を手にした。



清水綾乃



佐藤久真莉


同日の男子決勝はラファエル・ヴァグネル(ブラジル)とリム・ミンソブ(韓国)が激突。 ヴァグネルは高身長から繰り出す力強いサービスとストロークでリムを圧倒し、6-2, 6-0のストレートで優勝を決めた。



ラファエル・ヴァグネル



リム・ミンソブ


「全仏オープン・ジュニア2016 ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES パリ決勝大会」で優勝の清水とヴァグネルは、5月29日から6月4日にローラン・ギャロスで行われる全仏オープン・ジュニア2016にワイルドカード枠で出場する。

主催のフランステニス連盟(FFT)は、このような機会から世界でも活躍し、今後の日本や各国のテニス界を牽引していく次世代プレーヤーを発掘、成長出来る環境を提供する取り組みを続けていく。


【選手コメント】


[清水綾乃(18歳/群馬県/高崎テニスクラブ)]

今回のワイルドカード選手権を優勝することが出来て、素直に嬉しいです。まず日本で優勝することが目標だったので、まさか世界で優勝するとは思っていなかった。

日本で対戦した時は佐藤選手のテニスが分からなかったのですが、今回は2回目だったので相手のテニスをわかっていたにも関わらず、日本で戦った時よりも自分から攻めていく展開が少なかったことが反省点です。

全仏オープン・ジュニア本戦では格上の選手しかいないので、チャレンジャーの気持ちで思い切りやっていきたいと思います。今回のように、まずは1つずつ、1回戦を頑張ります。



[佐藤久真莉(14歳/茨城県/CSJつくばテニスガーデン)]

日本予選では清水選手に自分で攻めていった中で決めることが出来なくて負けてしまったのですが、今回の決勝では最後の決め球が東京(日本予選)の時よりはしっかり決められて戦うことができました。

ローラン・ギャロスのコートでプレーが出来ることは中々ないので、今回の機会はとても良い経験になりました。将来は私もこの場所で活躍したいと思います。



[田島尚輝(15歳/東京都/TEAM YONEZAWA)]

(20日の)予選リーグ2試合目を振り返って、自分のチャンスが何回かありましたが、そこを逃してしまったのが敗因でした。第1セットで流れを掴めなかった。最後の方も自分の球が浅くなり、相手の思うようにやられてしまいました。

次はウィンブルドン・ジュニアに参戦します。今回とはコートは違うけど、ここローラン・ギャロスで見つけた課題や経験をもとに、ウィンブルドンでしっかり活躍したいです。


【関係者コメント】

[フェドカップ日本代表監督 土橋登志久氏]
まだまだレッドクレーの経験が少ない日本ジュニアが多い中、今回優勝し、全仏オープン・ジュニアの出場権を獲得した清水選手の活躍は素晴らしい。

全仏オープン・ジュニア・ワイルドカード選手権にて清水選手や佐藤選手が早くからこのような経験が出来たことは、彼女たちが成長するチャンスとなります。またこのような大会が継続的に行われれば、今後の日本ジュニアの育成にとっても非常に良いきっかけになると思います。


[フランステニス連盟 事業開発部ディレクター/ 本大会事業統括責任者 サム・プリモー氏]
改めて日本人選手の高いレベルに感動しました。現在活躍する錦織圭選手の次世代の選手が次々と育ってきいると強く感じました。また、是非来年もこの全仏オープン・ジュニア・ワイルドカード選手権大会日本予選から、パリ決勝大会へ勝ち上がり、そして全仏オープン・ジュニアの出場権を獲得してほしいと思います。

清水選手、初めてのグランドスラム出場おめでとうございます。今までの練習や経験を活かして、このローラン・ギャロスでのプレーを楽しみながら、力を出し切ってください。


【開催概要】
日本語正式名称:全仏オープン・ジュニア ワイルドカードカード選手権大会 in partnership with LONGINES パリ決勝大会

英語正式名称:RENDEZ-VOUS A ROLAND-GARROS JAPAN IN PARTNERSHIP WITH LONGINES(ランデブー ア ローラン・ギャロス ジャパン イン パートナーシップ ウィズ ロンジン)

日程:2016年5月20日(金)-21日(土)※フランス時間

会場:20日(金)/フランス・パリ近郊名門クラブ、21日(土)/全仏オープン会場内コート6

出場選手:各国予選大会を勝ち抜いた13歳から18歳までのプレーヤー 男女各6名

試合方法:男女シングルス ベスト オブ スリータイブレークセット
・20日(金) 男女それぞれA・Bのグループリーグに分かれて試合を実施
・21日(土) 各グループ1位にて決勝戦を実施
※男女それぞれの優勝者には全仏オープン・ジュニア2016大会出場権を付与

主催:フランステニス連盟






■関連ニュース■ 

・佐藤久真莉「すごい良い経験」
・清水綾乃「まさか優勝するとは」
・佐藤久真莉「すごく嬉しい」
(2016年5月25日2時53分)

その他のニュース

5月22日

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!