- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ジョコ追い詰め全仏弾み

男子テニスツアーのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-2, 4-6, 6-7 (5-7)の死闘の末に敗れ、惜しくも大会初・自身3度目のマスターズ決勝進出とはならなかった。試合時間は3時間1分。

>>BNLイタリア国際対戦表<<

この試合、序盤でジョコビッチが左足を負傷するアクシデントが起きた。その状況の中でも錦織は集中力を切らさずに2度のブレークに成功して第1セットを先取する。

第2セットは両者サービスキープが続く中、第10ゲームでジョコビッチにブレークを許してしまい、勝負の行方はファイナルセットへ。

運命のファイナルセット、第2ゲームでブレークされた錦織だったが第7ゲームでブレークバックして追いつく。

その第7ゲームで錦織に押されていたジョコビッチは、自身のラケットのガットが切れていることに気付かず、主審に声をかけられるほど集中していた。

その後の第10ゲーム、錦織はジョコビッチにマッチポイントを握られるもフォアハンドのウィナーを決めてピンチをしのいだ。そして、第12ゲームをラブゲームでサービスキープし、タイブレークへ突入。

しかし、試合開始からフルスロットルで挑んでいた錦織は3-3の時に痛恨のダブルフォルトを犯してしまう。これでジョコビッチに勢いを与えてしまい、最後はリターンが返らず力尽きた。

両者は今回が11度目の対戦で錦織から2勝9敗、2014年の全米オープン準決勝から8連敗となったが、22日からの全仏オープンへ弾みをつけた。

昨年の全仏オープンでは日本男子で1933年の佐藤次郎以来82年ぶりベスト8進出の快挙を成し遂げた錦織。今年はグランドスラム初優勝を狙う。

一方、3連覇と大会5度目の優勝に王手をかけたジョコビッチは、決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。マレーは同日の準決勝でラッキールーザーのL・プイユ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

両者は前週のマドリッド・オープン決勝でも対戦し、その時はジョコビッチがマレーを破りマスターズ歴代最多29勝目を飾った。

両者は今回が33度目の対戦で、過去はジョコビッチから23勝9敗。昨年の上海マスターズ準決勝からジョコビッチが4連勝中。


【錦織 vs ジョコビッチ 対戦成績】

<2016年>
BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-4, 7-6 (7-5) 錦織圭

<2016年>
ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-6 (7-4) 錦織圭

<2016年>
マイアミ・オープン決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-3 錦織圭

<2016年>
全豪オープン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭

<2015年>
ATPツアー・ファイナル ラウンドロビン N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

<2015年>
ローマ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭

<2014年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭

<2014年>
パリ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭

<2014年>
全米オープン準決勝 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ

<2011年>
スイス・インドア準決勝 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ

<2010年>
全仏オープン2回戦 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭






■関連ニュース■ 

・ジョコ 錦織との準決勝語る
・ジョコ 錦織は「過去最高」
・ジョコ 錦織を称賛「バックハンドは世界トップ」
(2016年5月15日8時28分)

その他のニュース

8月24日

錦織 西岡に「リベンジしたい」 (11時14分)

大坂 初戦の相手は「危険」 (9時45分)

錦織 全米初戦は世界205位 (7時59分)

錦織「肘は完璧に治ってない」 (5時24分)

錦織 全米会場入りで初練習 (4時57分)

大坂「回復早いから大丈夫」 (4時35分)

内山靖崇 全米初本戦入りならず (3時31分)

8月23日

大坂 センターコートで練習 (23時30分)

真夏のメルボルンで全豪観戦 (16時21分)

日比野、全米予選2回戦敗退 (16時02分)

ジョコ全米使用ラケット発売 (15時00分)

全米前哨戦、悪天候で順延に (14時24分)

2度のMP凌ぎ4強「タフ」 (13時50分)

テニスの日に有明でイベント開催 (12時19分)

王者ジョコ 初戦は世界76位 (11時00分)

セリーナ 初戦はシャラポワ (10時01分)

錦織 全米はフェデラーの山 (2時16分)

大坂 全米OP初戦は世界93位 (1時51分)

8月22日

大坂なおみ 全米会場で練習 (23時16分)

マレー 14年ぶりCH出場へ (20時38分)

ペール8強「本当にうれしい」 (16時02分)

ナダル 西岡ら全米会場で練習 (11時11分)

アニシモワ 父の急死で全米欠場 (11時02分)

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

清水綾乃 全米予選2回戦敗退 (6時22分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!