- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ジョコ追い詰め全仏弾み

男子テニスツアーのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-2, 4-6, 6-7 (5-7)の死闘の末に敗れ、惜しくも大会初・自身3度目のマスターズ決勝進出とはならなかった。試合時間は3時間1分。

>>BNLイタリア国際対戦表<<

この試合、序盤でジョコビッチが左足を負傷するアクシデントが起きた。その状況の中でも錦織は集中力を切らさずに2度のブレークに成功して第1セットを先取する。

第2セットは両者サービスキープが続く中、第10ゲームでジョコビッチにブレークを許してしまい、勝負の行方はファイナルセットへ。

運命のファイナルセット、第2ゲームでブレークされた錦織だったが第7ゲームでブレークバックして追いつく。

その第7ゲームで錦織に押されていたジョコビッチは、自身のラケットのガットが切れていることに気付かず、主審に声をかけられるほど集中していた。

その後の第10ゲーム、錦織はジョコビッチにマッチポイントを握られるもフォアハンドのウィナーを決めてピンチをしのいだ。そして、第12ゲームをラブゲームでサービスキープし、タイブレークへ突入。

しかし、試合開始からフルスロットルで挑んでいた錦織は3-3の時に痛恨のダブルフォルトを犯してしまう。これでジョコビッチに勢いを与えてしまい、最後はリターンが返らず力尽きた。

両者は今回が11度目の対戦で錦織から2勝9敗、2014年の全米オープン準決勝から8連敗となったが、22日からの全仏オープンへ弾みをつけた。

昨年の全仏オープンでは日本男子で1933年の佐藤次郎以来82年ぶりベスト8進出の快挙を成し遂げた錦織。今年はグランドスラム初優勝を狙う。

一方、3連覇と大会5度目の優勝に王手をかけたジョコビッチは、決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。マレーは同日の準決勝でラッキールーザーのL・プイユ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

両者は前週のマドリッド・オープン決勝でも対戦し、その時はジョコビッチがマレーを破りマスターズ歴代最多29勝目を飾った。

両者は今回が33度目の対戦で、過去はジョコビッチから23勝9敗。昨年の上海マスターズ準決勝からジョコビッチが4連勝中。


【錦織 vs ジョコビッチ 対戦成績】

<2016年>
BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-4, 7-6 (7-5) 錦織圭

<2016年>
ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-6 (7-4) 錦織圭

<2016年>
マイアミ・オープン決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-3 錦織圭

<2016年>
全豪オープン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭

<2015年>
ATPツアー・ファイナル ラウンドロビン N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

<2015年>
ローマ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭

<2014年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭

<2014年>
パリ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭

<2014年>
全米オープン準決勝 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ

<2011年>
スイス・インドア準決勝 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ

<2010年>
全仏オープン2回戦 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭






■関連ニュース■ 

・ジョコ 錦織との準決勝語る
・ジョコ 錦織は「過去最高」
・ジョコ 錦織を称賛「バックハンドは世界トップ」
(2016年5月15日8時28分)

その他のニュース

10月22日

最終戦ランク 錦織は今季終了 (15時12分)

ディミトロフ 勝利数300達成 (13時56分)

デ杯 日本代表メンバー発表 (11時17分)

フェデラー わずか52分で勝利 (10時50分)

錦織 右ひじ手術で今季終了へ (10時27分)

10月21日

今季初V 昨年覇者に快勝 (21時25分)

今季2勝目「重圧なかった」 (20時50分)

青山/ 柴原組 2週連続V (18時58分)

西岡 バーゼル本戦入りならず (17時49分)

ナダル 故郷マヨルカで結婚式 (17時00分)

ルブレフ 誕生日に地元でV (15時39分)

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!