- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 元女王とコーチ終了

男子テニスで世界ランク3位のA・マレー(英国)は、女子テニスで元世界ランク1位のA・モレスモ(フランス)との2年間に渡るコーチ関係を終了したと9日に発表した。

モレスモがコーチに就いていたこの2年間でマレーが目覚ましく向上させたのは、苦手としていたクレーコートでのプレーだった。昨年はクレーで初優勝を飾り、加えてクレーのマスターズでも優勝した。しかし、念願だったグランドスラムでのタイトル獲得には至らなかった。

マレーのマネージメント会社から出された声明では、今回の決断へ至った詳しい理由は明らかにされていないが、モレスモは「一緒にツアーを回ることなどを含めて、十分な時間を費やしたのは自分にとって全てがチャレンジだった。」と想いを語った。

モレスモは昨年の8月に第一子を出産しており、そのため約6カ月間コーチ業を休んでいた。

「これまでの2年間、アンディ(マレー)にコーチとして帯同していたことは自分にとって素晴らしい経験。彼をサポートしている最高のチームの一員として共に過ごせたことを本当に楽しんでいた。」と話すモレスモは、2006年の全豪オープンとウィンブルドンで優勝した。

2014年6月からモレスモをコーチとして招き入れたマレーは、男子のトップで初の女性選手をコーチに招いた選手となった。

モレスモがコーチに就く前、マレーは既にグランドスラムで2度の優勝(2012年の全米オープン、2013年のウィンブルドン)、2012年のロンドン・オリンピックでは金メダルを獲得していた。

モレスモのコーチの元では2015・2016年の全豪オープンで決勝へ進出したが、いずれも世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝だった。しかし、昨年はミュンヘン大会でクレー初優勝を飾ると、マドリッドではクレーでマスターズ初の優勝も飾っていた。

「この2年間、アメリ(モレスモ)から多くのことを学んだ。オンコートでもオフコートでも。彼女はチームに冷静でいる影響を与えてくれた。我々は皆、彼女が近くにいないことを寂しく思うだろう。」とマレーは出した声明で気持ちを伝えていた。

全仏オープン、ウィンブルドン、リオ・オリンピック、そして全米オープンがこの4カ月間で行われるなど、マレーはこれから忙しい時を迎える。

「次のステップについて考える時間を持たなければならないし、ここから次へどう進むかを考えなければならない。彼女がこれまでしてくれたこと全てに感謝の気持ちを伝えたい。彼女はチームの一員としてかけがえのない存在だった。」とモレスモへの想いを語っていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・錦織らの反対はマレーら
・錦織6位、マレーは後退
・マレー 試合中に前髪切る
(2016年5月10日12時44分)

その他のニュース

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

10月19日

大坂ら最終戦の組み合わせ (21時18分)

大坂なおみと伊達公子が共演 (19時27分)

伊藤竜馬 4強入りならず (18時58分)

18歳ヤストレンスカ 快進撃 (17時05分)

ゲルゲス 苦戦もベスト4進出 (16時21分)

快勝フォニーニ 次戦はチョン (15時17分)

前年準Vシュワルツマン 8強 (14時35分)

ブシャール4強「興奮」 (13時19分)

5選手が新人賞にノミネート (12時30分)

モンフィス、ツォンガ破り8強 (9時18分)

イズナー 大接戦制し8強 (8時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!