- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【1ゲーム速報】錦織vsジョコ

マイアミ・オープン男子 決勝
錦織 圭 vs N・ジョコビッチ

【第1セット】3-6
【第2セット】3-6

男子テニスのマイアミ・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は3日、シングルス決勝戦が行われ、第6シードの錦織圭(日本)は第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 3-6の完敗を喫してマスターズ初優勝とはならず、準優勝に終わった。

>>マイアミ・オープン 対戦表<<

▼ 第2セット ▼

第1ゲーム
錦織は最後ネットプレーをミスし、ブレークを許した。

第2ゲーム
ジョコビッチがサービスキープ。

第3ゲーム
錦織がサービスキープ。

第4ゲーム
錦織は0-30とするも、ジョコビッチにサービスキープを許した。

第5ゲーム
錦織がサービスキープ。

第6ゲーム
ジョコビッチがラブゲームでサービスキープ。

第7ゲーム
錦織がサービスキープ。

第8ゲーム
ジョコビッチがラブゲームでサービスキープ。

第9ゲーム
錦織はブレークを許した。


▼ 第1セット ▼

第1ゲーム
錦織がブレークに成功する。

第2ゲーム
ジョコビッチにパッシングショットを決められ、ダブルフォルトを犯した錦織はブレークバックを許した。

第3ゲーム
ジョコビッチがラブゲームでサービスキープ。

第4ゲーム
錦織がサービスキープ。

第5ゲーム
ジョコビッチがラブゲームでサービスキープ。

第6ゲーム
錦織は最後ジョコビッチにパッシングショットを決められてブレークを許した。

第7ゲーム
錦織がバックハンドのリターンエースを決めてブレークバックに成功。

第8ゲーム
錦織は3度目のブレークを許す。

第9ゲーム
ジョコビッチがサービスキープし、錦織は第1セットを落とした。






■関連ニュース■ 

・ジョコ 誤判定を自ら認める
・ジョコ 錦織は「過去最高」
・錦織 ジョコ警戒「タフな試合」
(2016年4月4日3時36分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!