- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ラオニチら8強出揃う

男子テニスのマイアミ・オープン男子(アメリカ/、マイアミ、ハード)は29日、シングルス4回戦が行われ、第6シードの錦織圭が第17シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を6-2, 6-4のストレートで下し、3年連続のベスト8進出。この日、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)や第12シードのM・ラオニチらが勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

>>マイアミ・オープン 対戦表<<

錦織は、今大会初のナイトマッチでバウティスタ=アグと対戦。序盤から果敢に攻めこみ、ラリー戦で主導権を握って4度のブレークに成功。ベスト8最後の一枠をかけた戦いに勝利した。

準々決勝では第16シードのG・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスは4回戦で第26シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を下しての勝ち上がり。

錦織は、モンフィスと2014年のゲリー・ウェバー・オープンで1度だけ対戦しており、その時は錦織がフルセットで勝利した。

第1シードのジョコビッチは第14シードのD・ティエム(オーストリア)と対戦。今季2勝をあげ、勢いに乗っているティエムの猛攻を振り切って8強入りを果たした。

準々決勝では第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と顔を合わせる。過去の対戦成績はジョコビッチから22勝2敗。

その他では第12シードのラオニチ、第15シードのD・ゴファン(ベルギー)、第18シードのG・シモン(フランス)、第24シードのN・キリオス(オーストラリア)が準々決勝へ進出。また、ラオニチとキリオスは錦織と同じボトムハーフに位置しており、勝ち上がると準決勝で錦織かモンフィすの勝者と対戦する組み合わせとなっている。

3回戦まででトップ5のうち4選手が敗退するなど波乱が続きた今大会。対照的に4回戦では全試合上位選手が勝ち上がり、ベスト8でノーシードの選手がいなくなった。






■関連ニュース■ 

・脱帽「史上最強のリターナー」
・錦織、天敵ガスケに脱帽
・ジョコ 錦織は「過去最高」
(2016年3月30日17時28分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!