- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

デ杯 フランスら3カ国が8強入り

男子テニスの国別対抗戦であるデビスカップ ワールドグループ1回戦は大会2日目の5日、各国でダブルスが行われ、G・モンフィス(フランス)らを率いるフランスと、A・セッピ(イタリア)らを擁するイタリアが早くもベスト8進出を決めた。

>>ワールドグループ組合せ<<

>>デビスカップとは<<

フランスは1回戦でカナダと対戦。両国は今回が3度目の対戦で、フランスは3連勝とした。

初日のシングルスではエースのモンフィスとG・シモン(フランス)が登場し、いずれもストレート勝利。2日目のダブルスではR・ガスケ(フランス)/ JW・ツォンガ(フランス)組がP・ベスター(カナダ)/ V・ポスピシル(カナダ)組をストレートで下してフランスは3−0で8強入りを決めた。3試合全て1セットも落とさない完勝だった。

準々決勝では、ドイツとチェコの勝者と対戦する。

また、同じく8強入りを決めたイタリアは1回戦でスイスと対戦。大会1日目のシングルスでは世界ランク54位のP・ロレンジ(イタリア)、同40位のセッピが勝利し、ダブルスではS・ボレッリ(イタリア)/ セッピ組がストレートで勝利し準々決勝進出を果たした。

準々決勝では、アルゼンチンとポーランドの勝者と対戦する。

昨年覇者であるイギリスと対戦している日本は、シングルスでエースの錦織圭が1勝をあげるも、ダブルスで西岡良仁/ 内山靖崇組がJ・マレー(英国)/ A・マレー(英国)組に敗れて1勝2敗と追い込まれた。

最終日のリバース・シングルスでは、錦織とマレーのエース対決が実現。日本が勝ち残るには第1試合の錦織と、第2試合に出場するダニエル太郎が勝利することが条件となる。

世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)率いるセルビアは、カザフスタンと対戦。同日のダブルスではジョコビッチがN・ジモニッチ(セルビア)と組んで登場するも、A・ゴルベフ(カザフスタン)/ A・ネドビエソッフ(カザフスタン)組にストレートでまさかの敗戦を喫し、1勝2敗と窮地に立たされた。

一方、一足早く最終日のシングルスを終えたオーストラリアとアメリカの対戦は、アメリカが3−1で勝利し準々決勝へ駒を進めた。

新監督のL・ヒューイット(オーストラリア)を迎えて挑んだオーストラリア。しかし、1勝1敗で迎えたダブルスに出場予定だったN・キリオス(オーストラリア)がウイルス性疾患のため、急遽ヒューイットが出場することになり、ダブルスのスペシャリストであるB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組に善戦を見せるも敗れて1勝2敗に。

その後、最終日のシングルスではB・トミック(オーストラリア)J・イズナー(アメリカ)とのエース対決を制せず、オーストラリアは2年連続の初戦突破とはならなかった。






■関連ニュース■ 

・錦織の勝利必須 日本8強狙う
・ジョコ 窮地も「逆転飾れる」
・ガスケ・ツォンガ組勝利で8強
(2016年3月6日18時46分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!