- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ノア吉備が大逆転で準決勝へ

第30回テニス日本リーグは12日、男子決勝トーナメント準々決勝が行われ、ノア・インドアステージが伊予銀行を2−1で破り、準決勝へ駒を進めた。

第1試合に登場した大西賢は第1セットを先取するも、第2セットでは最後フォアハンドのミスを犯してセットカウント1−1とする。ファイナルセットに入るとイエローのウエアに着替えて気持ちを切り替えた大西が佐野紘一をフルセットで振り切った。



ガッツポーズの大西賢


第2試合は、勝利まであと1勝としたノア・インドアステージから吉備雄也が登場し、片山翔と対戦。しかし第1セットを落とし、第2セットもゲームカウント2−5と崖っぷちに追い込まれる。

ここからキレのあるショットを決め始めた吉備がタイブレークの末に第2セット取り、セットカウント1−1とする。ファイナルセットでは勢いに乗った吉備が片山を圧倒、ノア・インドアステージの準決勝進出を決めた。


吉備を追い込んだ片山


勝利したノア・インドアステージは、準決勝でエキスパートパワーシズオカと対戦する。この日エキスパートパワーシズオカは準々決勝でリコーを2−1で下しての勝ち上がり。

【ノア・インドアステージ 2−1 伊予銀行】

シングルス1:大西賢 6-3, 4-6, 6-1 佐野紘一

シングルス2:吉備雄也 2-6, 7-6 (7-5), 6-2 片山翔

ダブルス:華谷宗/ 呉成民 1-6, 2-6 飯野翔太/ 近藤大基

日本テニスで全国実業団の頂点を決める日本リーグは、シングルス2試合とダブルス1試合による団体戦形式で行われている。2勝したチームが勝ちとなり、14日には男女の決勝と3位決定戦が行われる。






■関連ニュース■ 

・杉田苦戦も三菱電機が勝利
・三菱 イカイの連覇阻み初優勝
・島津製作所 全勝で2連覇達成
(2016年2月12日17時18分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!