- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

39歳ベテラン鈴木貴男が圧勝

国内テニスツアーの橋本総業全日本テニス選手権(東京/有明コロシアム、ハード、賞金総額2,846万円)は1日、男子シングルス1回戦が行われ、39歳の鈴木貴男(日本)岡村一成(日本)を6-1, 6-1のストレートで下し、危なげなく初戦突破を果たした。

>>全日本テニス選手権 対戦表<<

この試合、鈴木は得意のネットプレーを武器に岡村を圧倒した。2回戦では第9シードの綿貫裕介(日本)と対戦する。

全日本テニス選手権を3度制しているベテランの鈴木。昨年は2回戦で関口周一(日本)に敗れベスト8進出を逃した。

シングルスのシードは以下の通り。

第1シード 添田豪(日本)
第2シード 内山靖崇(日本)
第3シード 江原弘泰(日本)
第4シード 関口周一
第5シード 仁木拓人(日本)
第6シード 竹内研人(日本)
第7シード 斉藤貴史(日本)
第8シード 小ノ澤新(日本)
第9シード 綿貫裕介
第10シード 吉備雄也(日本)
第11シード 越智真(日本)
第12シード 近藤大生(日本)
第13シード 片山翔(日本)
第14シード 奥大賢(日本)
第15シード 井藤祐一(日本)
第16シード 菊池玄吾(日本)

シード勢は1回戦免除のため2回戦から登場する。

昨年は江原が決勝で杉田祐一(日本)をストレートで破り、大会初優勝を飾った。




■関連ニュース■ 

・札幌対決に敗れる鈴木貴男
・鈴木貴男が2年ぶり勝利
・全日本、大西 賢が逆転で本戦へ
(2015年11月1日11時44分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!