- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

鈴木貴男が2年ぶり勝利

国内テニスツアーの橋本総業全日本テニス選手権(東京/有明コロシアム、ハード、賞金総額約2千6百万円/優勝賞金男女共に4百万円)は3日、男女単複1回戦が行われ、予選を勝ち上がって本戦出場の鈴木貴男(日本)志賀正人(日本)を7-5, 1-6, 6-3で下し、初戦突破を果たした。

第1セット、鈴木は4-0と先行するも2度のブレークを許してゲームカウントは5-5に。
しかしここからブレークバックに成功して7-5で先取する。
第2セットに入ると志賀が主導権を握り6-1で挽回し第3セットに突入。
志賀の流れになるかと思われたが鈴木はここからペースを掴んで6-3で勝敗を決め、関口周一(日本)が待つ2回戦へ駒を進めた。


持ち前のネットプレーを見せる鈴木

過去3度の優勝経験を持つ鈴木は、昨年は1回戦で田川翔太(日本)に6-7(5-7), 0-6で敗れており、2年ぶりの2回戦進出となる。

この試合を振り返って鈴木は、「ファーストセットを4-0でリードして、そこから追いつかれて5-5でブレーク出来、流れを食い止められてファーストセットを取れたのが良かったです。」
「セカンドはもう捕まるだろうな、っていうのもある程度どこかで思っていたし、逆にブレークをされて向こう(相手)も良いプレーをしていたので、うまく捨てられたのかなと。プレーはひどいしメンタル的にも挽回できるような感じじゃなかったので、あえて捨てました。」


粘りのプレーの志賀

「ファイナルは1ゲーム目をデュースになりながらもキープしたので、それによって相手がさっきまでブレーク出来ていたのに、っていう事が多分頭をよぎったと思う。ブレークバックはあったけどリードしているうえでのブレークバックなので、そこでうまく修正できたのが良かったですね。」
「良いタイミングでニューボールになったし、セカンドセットでゲームを取らなかったのが良いタイミングでニューボールになったのかなと。」とコメント。

全日本選手権については、「僕の今のランキングを考えると、ATPツアーやチャレンジャー、グランドスラムで戦っている選手ではないので。この全日本に対しては、予選である以上は予選をクリアすること。まず本戦に入ったら良い選手と勝負が出来るので結果を出したいな、っていうのがありますね。」
「志賀選手とは前回(の対戦で)サーフェスは違いますけど良いイメージが持てたので、しぶとい選手だし走るし、ていうのは分かってたんですけど、それでも自分のプレーが予選の時よりは出来、自分の中では満足していますね。」
「プレーの内容、気持ちの駆け引き、そういうのは本戦に入ったことによってボールも4球になったし、審判もボーラーもいるから、いつも通りのプレーに近づくことが楽でしたね。」と語る。


ガッツポーズを決める鈴木

そして前日までの予選3試合と比較して、「予選よりははるかに良いです。身体のことも気にしていないし、体力的なことも気にせずに良いプレーが回数が(予選より)多かったですね。」と振り返る。

また全日本に対するモチベーションについては、「全日本を観に来る人は、楽天オープンやデ杯とは数年前から僕は違うと感じているので、全日本が好きな人、見たい人、または僕を応援してくれる人に対しても、プレーを見せたい、見て欲しいという気持ちですね、1試合でも多く。」と語った。

そして次戦に向けて、「今度(2回戦で)あたる関口選手も何度も練習して対戦もあるし、今は同じチームにいるので、お互いに分かりすぎているぐらい。やるのは試合で一発勝負なので、そこで勝つか負けるかっていうのはランクが高いからって勝てる保証はないし、もしかしたら僕とやるよりも他の選手の方が良かったな、っていう思いもあると思うので。」

「だからそういう意味では、次の対戦も楽しみですね。自分の今のテニス、身体、メンタリティでどこまで関口選手を相手に良いプレーが出来るのか、自分が納得して良いプレーが出来れば勝つチャンスは十分にあると思っています。但し、それをしっかり出さないと勝てない相手だなというのはリスペクトしているので、良いプレーをしたいですね。」とコメントした。

鈴木と関口の2回戦は、中1日空いた5日に予定されている。


■関連記事■ 
・内山 ダブルベーグルで下す
・全日本2日目 シード勢が登場
・杉田 祐一 3度目の優勝狙う
・インカレ覇者吉冨が初戦突破
・38歳鈴木 貴男 本選出場決める


■関連動画■ 
・錦織が圧倒的な力を見せつけ今季3勝目
・ジョコビッチvsフェデラー
(2014年11月4日0時18分)
  • コメント -

  • その他のニュース

    1月21日

    ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

    西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

    ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

    1月20日

    ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

    ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

    ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

    大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

    メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

    大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

    1月19日

    アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

    故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

    躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

    全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

    内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

    父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

    錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

    1月18日

    YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

    ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

    錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

    フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

    大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

    錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

    ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

    全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

    ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!