- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 初戦「喜ぶことでもない」

錦織圭(日本)の活躍を初期から追い続け、1973年から国内外のテニスの報道に携わるジャーナリスト・塚越亘氏による楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)の現地レポート。

>>楽天OP対戦表<<

全米でまさかの1回戦敗退。
デ杯コロンビア戦で「良いプレーができて、いい感覚がつかめた。」と復調の感覚を強調したが、期待の大きい日本での試合。果たしてどんな試合になるのか?と心配しながら観戦する。




その心配通りの展開が始まる。
凄い打ち合いになり、錦織は攻めるがミスが重なる。
いきなりオープニングゲームで僅か1ポイントしか取れずに落とすと、第3ゲームも1ポイントキープできただけで、また落とした。

0-4になってしまった時は場内からため息が!

2-6で第1セットを落とす。

対戦相手も悪い、勢いのある18歳だ!
昨年はナダルに勝ち、今年はマレーも破っている。

第2セット

「第1セットは125パーセントのテニスができた。」とチョリッチが言うように錦織の全ての攻撃を拾い返し、逆にウィナーを取る。

「第1セットは焦りが出た。相手のディフェンスも良く、自分のボールも浅かった」と錦織。

普通の選手なら、自分を立て直す事ができずに終わるパターンだが、ここで終わらないところが錦織の強さ。

それではどんなことをしてここを立て直すことができたのだろうか?

「自分のミスで終わらないようにした。」と錦織。簡単明確な答えだが、これが才能豊か、攻撃につぐ攻撃をしかけてくる怖いもの知らずの18歳の対戦相手にもできるのが錦織だ。




レベルの高い正確で緻密な技術がある。ワールドカップラグビーで見せた日本の高い戦略と技術に似ていると思う。

ベースライン内側に入って打つ深いボール。
コートを広く使うためのショートクロスのショット。
正確なファースト・サーブ。

全てのボールを拾い返そうとベースラインから下が気味のチョリッチを高い打点と角度で錦織は揺さぶる。

ハイペースだったチョリッチもほころびがでてきた。
第2、第6ゲームのサーブをブレークし、錦織が第2セットを取り返す。

ラケットをクルクルと回す。西部劇でピストルを回し、消炎を吹き消すヒーローのような姿。
カッコ良~ぃ!

ファイナル・セット

最初のゲームをブレークする。
第2ゲーム、15-40からナイスキープ!

第7ゲームはドロップ・ショットを決めブレーク、5-2。

Tへサービス・エースで40-15とマッチポイント!




「1回戦なので、それほど大げさに喜ぶことでもない・・・・・」
クールな会見で錦織は締めくくった。

それもそうだろ。
楽天ジャパンオープンは通過点。
最終戦のランキング上位8名が出場できるATPツアーファイナル(ロンドン)出場のステップだから。

錦織はこの後、上海マスターズ、パリマスターズと出場する。

塚越亘…ジャーナリスト。1973年から雑誌などに寄稿。90年代には「TENNISJapan」というFAX新聞を発行し、試合結果速報や松岡修造(日本)クルム伊達公子(日本)らの直筆コメントなどを掲載した新聞を発行。テニスの報道における草分け的存在。


■関連ニュース■ 

・錦織 イチロー抜いて1位
・錦織 第3セットは「最高」
・錦織破ったペールが初戦突破
(2015年10月6日20時10分)

その他のニュース

8月8日

西岡「もっと試合をしたい」 (18時35分)

前週準V西岡、初戦はペール (15時25分)

ズベレフ、ギプス外して練習 (14時59分)

錦織圭着用ウエアが新発売 (12時31分)

東レ チケット一般発売を開始 (12時02分)

キリオス、シティOP単複制覇 (11時24分)

元女王 カナダ入国不可で欠場 (10時57分)

青山/チャン組、今季初Vならず (10時18分)

キリオス 7勝目「感慨深い」 (9時13分)

ダニエル太郎、本戦出場ならず (8時33分)

キリオス 西岡撃破で3年ぶりV (8時10分)

西岡良仁 4年ぶりVならず (7時32分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsキリオス (6時00分)

8月7日

大坂、全米前哨戦会場で練習 (23時50分)

西岡「まさかの決勝進出」 (22時21分)

ズベレフ 糖尿病の子供を支援 (21時58分)

SBC女子2ndR 優勝は阿部宏美 (19時03分)

SBC男子2ndR 優勝は伊藤竜馬 (18時25分)

メド 全米OP以来のV「特別」 (16時34分)

西岡 500初決勝「楽しみたい」 (14時03分)

西岡良仁 ルブレフ撃破でV王手 (11時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsルブレフ (9時43分)

ダニエル太郎 快勝で本戦王手 (8時57分)

世界1位メド 今季初V王手 (7時27分)

8月6日

キリオス MP5本しのぎ4強 (21時36分)

西岡「マジできつかった」 (21時05分)

SBC女子 2ndラウンド8強揃う (20時43分)

SBC男子 2ndラウンド8強揃う (20時20分)

第40回全小 女子は駒田唯衣がV (17時59分)

第40回全小 男子は川村准椰がV (17時22分)

メドらモントリオール組み合わせ (13時18分)

西岡が2年半ぶりツアー4強 (11時14分)

大坂なおみ 初戦は世界37位 (9時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsエヴァンス (8時40分)

キリオスが今季6度目の8強 (8時03分)

大坂、敗戦も「自信がある」 (7時01分)

ナダルがモントリオール欠場 (5時58分)

8月5日

YouTube 成蹊高校テニスを取材!前編 (22時09分)

第40回全小 女子4強出揃う (19時47分)

第40回全小 男子4強出揃う (19時26分)

第1シードのサッカリ 初戦敗退 (16時47分)

同性愛を告白「幸せ感じる」 (15時11分)

大坂 ガウフに屈し8強逃す (12時39分)

【1ポイント速報】大坂vsガウフ (11時04分)

ダブルフォルト23本記録も8強 (10時01分)

ラドゥカヌ 2度のTB制し8強 (8時11分)

元世界1位マレー WC獲得 (7時33分)

西岡、準々決勝はエヴァンス (6時32分)

ジョコ、モントリオール欠場 (5時35分)

西岡良仁 シティOPで初8強 (3時28分)

【1ポイント速報】西岡vsハチャノフ (1時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!