- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル「ストロークに問題」

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は4日、男子シングルス3回戦が行われ、第8シードのR・ナダル(スペイン)が第32シードのF・フォニュイーニ(イタリア)に6-3, 6-4, 4-6, 3-6, 4-6の逆転でまさかの敗退を喫し、グランドスラムで2セット連取してから初めての逆転負けとなった。

>>全米オープン対戦表<<

2004年以来グランドスラムのタイトルを1つも獲得できないシーズンとなったナダルは「つまりそれは、この10年間自分がどれほど素晴らしいプレーをしてきたかと言うこと。」と、かつてはどんなボールにも食らいつき常に勝利を手にしてきたナダルは、冷静にこれまでを振り返った。

試合が終わったのは現地時間の深夜午前1時30分になろうとしていた。この3回戦敗退で、今季のナダルのグランドスラムは、全豪オープン・全仏オープンでベスト8、ウィンブルドンで2回戦敗退に続くものとなった。

フォニュイーニ戦では、2セットを連取し第3セットもゲームカウント3ー1とリードし試合の主導権を握っていた。

この優位な状況を維持できなかったナダル。同時に、よりリスクを犯すショットを打ち始めたフォニュイーニは、そのショットが思うところに入り始め、結果的にナダルの30本の倍以上である70本のウィナーを記録することとなった。そして、フォニュイーニは「攻撃する必要があった。」と試合中の気持ちを表していた。

対戦相手にこれだけのウィナーを決められたことについて問われたナダルは「きっと自分の動きが遅くなったのさ。」と笑いながら冗談半分に答えていた。

両者は激しいストローク戦を繰り広げ、コートの隅々まで走り回り、3時間半を越える試合を展開。アーサー・アッシュ・スタジアムに訪れた観客を大いに沸かせた。そして、その観客の中には男子プロゴルファーのタイガー・ウッズの姿もあった。

第5セットだけでも52分を要したそのセットは、試合の流れが二人の間を行き来していた。両者は危なげなくサービスをキープし、ゲームカウント1ー1となると、その後は7ゲーム連続でのブレーク合戦となった。

そして、フォニュイーニがゲームカウント5ー4とリードした第10ゲームで、久々のサービスキープをすると同時に試合に終止符が打たれた。

試合後の記者会見にナダルが姿を見せたのは、現地時間の深夜午前2時30分頃、試合終了から約1時間後のことだった。ナダルは記者に向かって、今年は自分の年ではないと言うことを受け入れざるを得ないと語っていた。

以前は世界ランク1位にまで上り詰めたナダルだったが、今季は一時期 約10年ぶりに世界ランク10位まで落ちていた。そして、現在29歳のナダルは公の場で自信をなくしていることを口にもしていた。

「自分の悪いところは、これまでの数年間でしてきたプレーから比べて、より悪いプレーをしているということ。それだけさ。」と語るナダルは、これまでの14回のグランドスラム優勝のうち2回は全米オープンで飾っている。

しかし、その中でも「しばらくの間失っていた、最後まで戦い抜く気持ちを持てたことを認めて、それには嬉しく思う」と、前向きな姿勢を見せていた。

同時に、自身のストロークに問題があるとも認めていた。特にフォアハンドに十分なスピンがかかっておらず、常にボールが浅くなってしまうということだった。

「理解するのも説明するのも簡単だが、それを直すのは難しい。でもそうするように練習するだけ。」と、ナダルは前を向いて答えていた。

一方、大逆転勝利を飾ったフォニュイーニは「確実に信じられない試合だった。お互いにとって死闘だった。」と、試合を振り返った。

また「彼(ナダル)を相手に2セットダウンからの勝利は、本当に信じられない。まさにメンタルの勝利。」と、自分自身を称賛していた。

現在28歳のフォニュイーニは、全米オープンで自身初、更にイタリア人男子ではD・サングイネッティ(イタリア)以来 約10年ぶりの4回戦進出を果たした。

(STATS - AP)

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・ナダル 死闘の末に大逆転負け
・ナダル撃破「信じられない」
・全米OP 棄権13名歴代最高
(2015年9月5日21時12分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月8日

西岡「もっと試合をしたい」 (18時35分)

前週準V西岡、初戦はペール (15時25分)

ズベレフ、ギプス外して練習 (14時59分)

錦織圭着用ウエアが新発売 (12時31分)

東レ チケット一般発売を開始 (12時02分)

キリオス、シティOP単複制覇 (11時24分)

元女王 カナダ入国不可で欠場 (10時57分)

青山/チャン組、今季初Vならず (10時18分)

キリオス 7勝目「感慨深い」 (9時13分)

ダニエル太郎、本戦出場ならず (8時33分)

キリオス 西岡撃破で3年ぶりV (8時10分)

西岡良仁 4年ぶりVならず (7時32分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsキリオス (6時00分)

8月7日

大坂、全米前哨戦会場で練習 (23時50分)

西岡「まさかの決勝進出」 (22時21分)

ズベレフ 糖尿病の子供を支援 (21時58分)

SBC女子2ndR 優勝は阿部宏美 (19時03分)

SBC男子2ndR 優勝は伊藤竜馬 (18時25分)

メド 全米OP以来のV「特別」 (16時34分)

西岡 500初決勝「楽しみたい」 (14時03分)

西岡良仁 ルブレフ撃破でV王手 (11時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsルブレフ (9時43分)

ダニエル太郎 快勝で本戦王手 (8時57分)

世界1位メド 今季初V王手 (7時27分)

8月6日

キリオス MP5本しのぎ4強 (21時36分)

西岡「マジできつかった」 (21時05分)

SBC女子 2ndラウンド8強揃う (20時43分)

SBC男子 2ndラウンド8強揃う (20時20分)

第40回全小 女子は駒田唯衣がV (17時59分)

第40回全小 男子は川村准椰がV (17時22分)

メドらモントリオール組み合わせ (13時18分)

西岡が2年半ぶりツアー4強 (11時14分)

大坂なおみ 初戦は世界37位 (9時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsエヴァンス (8時40分)

キリオスが今季6度目の8強 (8時03分)

大坂、敗戦も「自信がある」 (7時01分)

ナダルがモントリオール欠場 (5時58分)

8月5日

YouTube 成蹊高校テニスを取材!前編 (22時09分)

第40回全小 女子4強出揃う (19時47分)

第40回全小 男子4強出揃う (19時26分)

第1シードのサッカリ 初戦敗退 (16時47分)

同性愛を告白「幸せ感じる」 (15時11分)

大坂 ガウフに屈し8強逃す (12時39分)

【1ポイント速報】大坂vsガウフ (11時04分)

ダブルフォルト23本記録も8強 (10時01分)

ラドゥカヌ 2度のTB制し8強 (8時11分)

元世界1位マレー WC獲得 (7時33分)

西岡、準々決勝はエヴァンス (6時32分)

ジョコ、モントリオール欠場 (5時35分)

西岡良仁 シティOPで初8強 (3時28分)

【1ポイント速報】西岡vsハチャノフ (1時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!