- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全日本Jr 小林が優勝、綿貫破る

ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権は17日、18歳以下男子シングルス決勝が行われ、第6シードの小林雅哉(日本)(関東/グリーンテニスプラザ)が第2シードの綿貫陽介(日本)(関東・グローバルプロテニスアカデミー)を6-4, 3-6, 6-2のフルセットで下し、優勝を飾った。

決勝戦、第1セット序盤で小林はリードを許すもミスを重ねる綿貫の隙をつき、鋭いショットと緩いボールを織り交ぜるテニスで、このセットを先取する。

第2セットは失速してしまいセットカウント1−1とするも、ファイナルセットの第1・3ゲームでブレークに成功して勢いに乗る。第4ゲーム 0−15の時点で雨により中断、再開後は綿貫にブレークされるも、最後は小林がバックハンドボレーを決めてゲームセットとなった。

小林は、今年のインターハイ(平成27年度全国高等学校総合体育大会)個人戦シングルスに第1シードで出場するも4回戦で敗れて悔しい想いをしていた。

今大会では準々決勝で第4シードの徳田廉大(日本)(関東/荏原SSC)、準決勝では第1シードの山崎純平(日本)をそれぞれストレートで破り、綿貫との決勝へ駒を進めていた。唯一セットを落としたのは安上昂志(九州/柳川高)との2回戦のみ。

一方、準優勝の綿貫は準決勝で昨年優勝を飾った第3シードの高橋悠介(日本)(関東/荏原SSC)にストレートで勝利し、決勝へ進出していた。

綿貫は、綿貫敬介(日本)綿貫裕介(日本)の3兄弟の末っ子として知られており、ITFジュニアランキングでは現在40位。このランキングで日本最高位はサンティラン晶(日本)の8位となっている。

ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権18歳以下男子シングルスの歴代優勝者は、現在 世界で活躍しており2006年は杉田祐一(日本)、2008年は守屋宏紀(日本)が優勝を飾った。


■関連ニュース■ 

・全日本Jr 小林が山崎を破る
・全日本Jr 小林が徳田に勝利
・全日本Jr 高橋悠介が完敗
(2015年8月17日13時14分)

その他のニュース

2月17日

錦織 世界ランク30位へ後退 (9時26分)

綿貫陽介 決勝で敗れ準V (6時36分)

モンフィス連覇 2週連続V (6時14分)

21歳ルードがツアー初V (5時54分)

2月16日

ティーム 3年ぶりVなるか (17時36分)

20歳リバキナが決勝進出 (16時47分)

世界131位は初決勝ならず (15時47分)

綿貫陽介 決勝進出で2勝目王手 (14時18分)

日比野菜緒 決勝進出ならず (13時43分)

21歳ルード 2度目の決勝進出 (11時51分)

19歳 4度目の決勝で初V王手 (10時57分)

2月15日

綿貫陽介がCHで4強入り (18時11分)

モンフィス 2年連続ベスト4へ (17時17分)

昨年Vオペルカ 準々決勝敗退 (16時21分)

風邪で棄権を発表「残念」 (14時06分)

西岡良仁、初戦はミルマン (14時05分)

4度のMP凌ぎ大逆転で4強入り (12時43分)

4強入りも「イライラした」 (11時44分)

杉田祐一、逆転負けで4強逃す (10時55分)

日比野菜緒、金星あげ4強へ (10時00分)

2月14日

22本エースも初戦で姿消す (18時35分)

トップ10から初勝利で8強入り (17時38分)

セリーナとガウフの出場を発表 (16時48分)

【ウイルソン】「黄金スペックの次に来る大和(やまと)スペック、ブレード100の実力とは。」 (14時48分)

杉田祐一、快勝でCH8強へ (13時01分)

西岡敗退「攻め切れなかった」 (11時58分)

チチパス下して初の8強へ (11時14分)

西岡 ニューヨークOP敗退 (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!