- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全日本Jr 小林が優勝、綿貫破る

ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権は17日、18歳以下男子シングルス決勝が行われ、第6シードの小林雅哉(日本)(関東/グリーンテニスプラザ)が第2シードの綿貫陽介(日本)(関東・グローバルプロテニスアカデミー)を6-4, 3-6, 6-2のフルセットで下し、優勝を飾った。

決勝戦、第1セット序盤で小林はリードを許すもミスを重ねる綿貫の隙をつき、鋭いショットと緩いボールを織り交ぜるテニスで、このセットを先取する。

第2セットは失速してしまいセットカウント1−1とするも、ファイナルセットの第1・3ゲームでブレークに成功して勢いに乗る。第4ゲーム 0−15の時点で雨により中断、再開後は綿貫にブレークされるも、最後は小林がバックハンドボレーを決めてゲームセットとなった。

小林は、今年のインターハイ(平成27年度全国高等学校総合体育大会)個人戦シングルスに第1シードで出場するも4回戦で敗れて悔しい想いをしていた。

今大会では準々決勝で第4シードの徳田廉大(日本)(関東/荏原SSC)、準決勝では第1シードの山崎純平(日本)をそれぞれストレートで破り、綿貫との決勝へ駒を進めていた。唯一セットを落としたのは安上昂志(九州/柳川高)との2回戦のみ。

一方、準優勝の綿貫は準決勝で昨年優勝を飾った第3シードの高橋悠介(日本)(関東/荏原SSC)にストレートで勝利し、決勝へ進出していた。

綿貫は、綿貫敬介(日本)綿貫裕介(日本)の3兄弟の末っ子として知られており、ITFジュニアランキングでは現在40位。このランキングで日本最高位はサンティラン晶(日本)の8位となっている。

ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権18歳以下男子シングルスの歴代優勝者は、現在 世界で活躍しており2006年は杉田祐一(日本)、2008年は守屋宏紀(日本)が優勝を飾った。


■関連ニュース■ 

・全日本Jr 小林が山崎を破る
・全日本Jr 小林が徳田に勝利
・全日本Jr 高橋悠介が完敗
(2015年8月17日13時14分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!