- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織が優勝 今季V3

男子テニスツアーのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード)は9日、シングルス決勝が行われ、第2シードで世界ランク5位の錦織圭(日本)が第8シードで同18位のJ・イズナー(アメリカ)を4-6, 6-4, 6-4の逆転で下し、大会初優勝を飾ると同時に、今季3勝目をあげた。今回のタイトル獲得はキャリア通算10度目の優勝。

今大会終了後に発表される世界ランキングではS・ワウリンカ(スイス)を抜き、自己最高タイの4位へ浮上することが確定している。

決勝戦、錦織は身長208センチ イズナーの角度があり高く弾むサービスに苦戦し、ブレークが出来ない状態が続く。そして、第10ゲームでは強烈なリターンエースを2本決められ、第1セットを落とす。

しかし、第2セットでは第1ゲームでイズナーのサービスをブレークし、サービスをキープし続けた錦織が第2セットをとる。

ファイナルセット、失速し始めたイズナーの隙をつき、第3ゲームで錦織がブレークに成功。そのままリードを守り、優勝を手にした。

今年4月のマイアミ・マスターズでイズナーにストレートで敗れており、今回はリベンジを果たした。

錦織にとって今大会は、左足の負傷で棄権したウィンブルドン以来 約1カ月ぶりの公式戦。初戦は世界ランク95位のJ・ダックワース(オーストラリア)、3回戦で第16シードのL・マイェール(アルゼンチン)、準々決勝で世界最速のサービス記録保持者であるS・グロス(オーストラリア)、準決勝で第3シードのM・チリッチ(クロアチア)に勝利し、イズナーとの決勝へ進出していた。

今季3勝目を飾った錦織は、今年2月にメンフィス・オープンで3連覇、4月にバルセロナ・オープンで2連覇を達成している。

今後は10日から開幕するロジャーズ・カップに第4シードで出場する予定。シード勢が順当に勝ち進むと、準々決勝でBIG4の一角R・ナダル(スペイン)と対戦する組合せとなっている。

>>シティ・オープン対戦表<<

>>ロジャーズ・カップ対戦表<<

テニスサングラス


■関連ニュース■ 

・錦織 ナダルとフェデラー真似る
・フェデラー1位 錦織は17位に
・錦織 ナダルに抜かれ7位へ
(2015年8月10日6時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!