- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬 添田豪と決勝で対決

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールド・チャレンジ(愛知県/豊田市、ハード、賞金総額4万ドル/優勝賞金約5千8百ドル)は22日、シングルス準決勝2試合、ダブルス決勝1試合の合計3試合が行われ、第1シードの伊藤竜馬(日本)がT・チェン(台湾)を7-5, 6-2のストレートで下し、決勝進出を決めた。

この試合、伊藤竜馬は11本のサービスエースを決め、ファーストサービスが入った時に85パーセントと高い確率でポイントを獲得した。さらに、チェンのサービスゲームを3度ブレークに成功して1時間26分で勝利をおさめた。

また、同日行われたシングルス準決勝では、第2シードの添田豪(日本)が第4シードの杉田祐一(日本)を7-5, 6-4のストレートで下し、同大会6年ぶり優勝に王手をかけた。

今大会の決勝戦は、第1シードの伊藤竜馬と第2シードの添田豪が対戦することとなった。


決勝進出を決めた添田豪

ダブルス決勝では、松井俊英(日本)/ 内山靖崇(日本)組が佐藤文平(日本)/ TH・ヤン(台湾)組を7-6 (8-6), 6-2のストレートで勝利し、優勝を飾った。


(左から)準優勝のヤン/佐藤組と優勝した松井/内山組

この日に行われた試合結果は以下の通り:

【シングルス準決勝】

○伊藤竜馬(1)
vs ●T・チェン 7-5, 6-2

○添田豪(2)
vs ●杉田祐一(4) 7-5, 6-4

【ダブルス決勝】

○松井俊英/ 内山靖崇組
vs ●佐藤文平/ TH・ヤン組 7-6 (8-6), 6-2


■関連記事■ 

・杉田祐一 西岡下し雪辱果たす
・西岡 第4シード杉田と対戦
・クルム伊達 18歳撃破で4強
・中川 直樹プロへ 錦織に続くか
・錦織 結果出すのが「自分の役目」


■関連動画■ 

・トップ5入りを果たした錦織が今季飛躍を遂げた理由に迫る!
・ディミトロフが思い出の大会で連覇に挑む!
(2014年11月22日23時10分)
  • コメント -

    ウインザーラケットショップ



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!