- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

革新者ブレーデン 亡くなる

1940年代後半から50年代前半までプロ選手として活躍、その後はテニスコーチとなったヴィック・ブレーデン氏が心不全で85歳でこの世を去った。

ブレーデンの奥さんのメロディー・ブレーデンによると、彼はカリフォルニア州南部にあるオレンジ郡にある自宅で月曜日に亡くなった。

彼は当時の実家であるミシガン州のモンロー郡の小学校でテニスを始めた。

ブレーデン氏はミシガン州のカラマズーカレッジを1951年に卒業。学生時代には、大学のテニスチームのキャプテンを務めており、チームをミシガン州大学競技協会の大会で4年連続で優勝に導いた。その後、彼は当大学の栄誉殿堂に入ることになる。

ブレーデン氏は卒業後にプロに転向したが当時、プロレベルの大会はわずかだった。そして、ジャック・クレイマーとプロツアーに参加するが、彼と一緒にツアーを回っていたのが栄誉殿堂入りのC・エバート(アメリカ)の父親であるジミー・エバートなどである。

エバートが自身のツイッターで「安らかに眠れ、ヴィック・ブレーデン」と呟き、続けて「彼はいつも創造的でテニスの最前線にいた。」と書いた。

また、「テニスコーチのブレーデンが亡くなってとても残念です。彼はテニスにおいて開拓者、革新者、伝説的人物でもある」と彼らと同じ栄誉殿堂入りのT・オースティン(アメリカ)がツイッターで呟いた。

ブレーデン氏は、革新的な教え方とテニス教育の基礎を導入した技術などで知られるようになった。彼はテニス教育についていくつかの本や論文を出版した。また、彼はカリフォルニア州の認定心理学者でもあった。

B・ジーン・キング(アメリカ)が「テニスが宝物を失った」とツイッターで呟き、さらに「彼はいつもテニス科学の最前線に立っていたし、テニス界では過去最高である」と続けた。

メモリアルは後日行われる予定。


■関連記事■ 

・マレー 最終戦出場に一歩後退
・ジョコビッチ 対戦相手を称賛
・フェデラー「崩れる事もあり得る」
・虫垂炎のナダル 最終戦は暗雲
・上海マスターズ 準々決勝対戦予定


■関連動画■ 

・錦織とチリッチが激突した世紀の一戦を振り返る!
・ラオニチvsポスピシル【シティ・オープン男子】
(2014年10月10日13時09分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!